【PostgreSQL】PostgreSQL の運用管理(ユーザー管理、バキューム)【Part.7】

今回は PostgreSQL の運用管理について解説します。

 

 

vacuumdb コマンド

データベースを日々運用していくと、データの更新によって使用されなくなった不要領域が蓄積していきます。

vacuumdb コマンドはその不要領域を回収するコマンドです。

不要な領域が回収されると、その分の領域が使用できるようになります。

 

■デフォルト(オプションなし)

-bash-4.2$ vacuumdb
-bash-4.2$

 

 

■-f オプション

-bash-4.2$ vacuumdb -f
-bash-4.2$

 

-f オプションは、不要領域を OS 上から削除します。

 

 

ユーザー管理

ユーザー管理の方法です。

 

CREATE ROLE コマンド

 

ロール(ユーザー)に対してパスワードを設定する

【例】

CREATE ROLE Test01 WITH PASSWORD 'Password01';

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人