【初心者向け】 MySQLとは何か?1個のMySQLで複数のWordPressのインストールが可能?

レンタルサーバーで必ずと言っていいほど出てくる「MySQL」

今回は「MySQL」の基本的な部分について解説します。

MySQLは無料のデータベースソフトウェア

「MySQL」とは無料「データベースソフトウェア」です。

 

無料なのでタダで利用できます。

自宅のパソコンにインストールすることもできます。

(Windows版、Linux版ともにあります)

https://www-jp.mysql.com/why-mysql/windows/

 

だから自宅のPCに「MySQL」をインストールすれば、データベースとして利用することもできます。

「IIS」と「WordPress」を組み合わせてサイトも構築できます。

(その代りパソコンの電源を落とせばサイトも見れなくなります)

 

MySQLは「データベース」ですが、WordPressで利用する「データベース」とは一体何でしょう?

「データベース」とは「データの集合体」である

単純に一言で言えば、「データの集まり」です。

ただ、一応「ベース(base)」という用語が付いているので規則はあります。

 

たとえば、

  • プログラム(WordPressなど)から読み書きができる
  • 読み出し・登録・更新・削除ができる
  • 型(数値・文字列の形式など)が決まっている

などです。

 

データベースのイメージを図解してみましたが、WorsPressというプログラムがMySQLというデータベースにアクセスして、記事を登録したり、修正したり、読み出したり削除したりします。

このようにしてサイトを構築しています。

そのため、WordPressには「データベース(MySQL)」が必要になるのです。

 

SQLiteだとダメなの?

レンタルサーバー会社の機能表を見ると「SQLite」というキーワードをよく見かけます。

 

実は「SQLite」でWordPressを運用することは可能です。

ただし、SQLiteだと若干力不足です。

 

タマちゃん
じゃあ、「SQLite」って何のために使うの?なんでレンタルサーバーに「SQLite」が入っているの?

 

SQLiteはPHPで開発されています。

SQLiteはもともとプログラムとワンセットで使われることがおおいです。

たとえば、プログラムとSQLiteをテレビレコーダーに組み込んで販売するとか。

 

だからクライアント/サーバーシステムを想定していません。

※MySQLやPostgreSQLは最初からクライアント/サーバーシステムを想定しています。

 

軽いし使いやすいし、ある程度の負荷には耐えられるため、小規模中規模のサイトならSQLiteでもいけると思います。

ただ、何かトラブルがあった時に、レンタルサーバー会社のサポートに問い合わせても「サポート外です」で対応してもらえません。

MySQLはエンタープライズでも利用されている強力なデータベースソフトウェア

MySQLはフリーソフト(無料のソフトウェア)なので、大したことのないDB(データベース)だろうと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

今や大企業でもMySQLで運用しているところは多いです。

今までは大企業はOracle+UNIXというパターンが多かったですが、

  • ライセンス料が高い
  • 仮想化技術が発展した
  • ハードウェアの価格が安くなった

等の理由から「Oracle+UNIX」の組み合わせから「Linux+MySQL」の組み合わせが採用されるようになりました。

※一昔前はPostgreSQLが流行していましたが、今はMySQLが逆転しているようです。

 

「Linux+MySQL」はフリーソフトウェア同士の組み合わせですが、処理スピードや信頼性などは有料ソフトウェアに引けを取りません。

 

MySQLの特徴

  • 無料(フリーソフトウェア)
  • インターネット上に情報量が多い
  • 大規模なシステムでも問題なく使える
  • 細かくチューニングが可能(環境に合った設定が可能)
  • バックアップ&リストアが容易
  • 検索速度が速い
  • C・PHP・Java・Python・Rubyなど多くの言語でアクセス可
  • 日本語の文字コードをサポート
  • 多くの大企業で採用されている

などなど、今やDBサーバーを構築する場合は指定がない限りはMySQL+Linuxで構築することが多いです。

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。