【SQL Server】互換性レベルについて解説

今回は Microsoft SQL Server の「互換性レベル」について解説します。

互換性レベルは、バージョンアップやバックアップ&リストアの可否に影響します。

 

 

 

SQL Server の互換性レベルとは?

Microsoft SQL Server には、以下のように多数のバージョンがあります。 

 

それぞれのバージョンの Microsoft SQL Server には「互換性レベル」があります。 

互換性レベルの数字が合っているバージョンの Microsoft SQL Server は、データベースのバックアップをリストアしても動く前提です。

例えば互換性レベル 110 に設定した場合は、以下の 6種類のバージョンでアプリが稼働したり、バックアップ&リストアをしても問題がないと言えます。

また、例えば SQL Server 2000(互換性レベル:80)のデータベースのバックアップがある場合、そのバックアップをリストア(復元)できるのは、SQL Server 2008 R2(互換性レベルが 80,90,100)だけ ということになります

サポートされる互換性レベル

縦軸が「バージョン」で横軸が「互換性レベル」です。

        60   65   70   80   90  100  110  120  130  140

6.0    ○   

6.5    ○   ○

7.0    ○   ○   ○

2000    ○   ○   ○   ○

2005    ○   ○   ○   ○   ○

2008    ×   ×   ×   ○   ○   ○

2008 R2 ×   ×   ×   ○   ○   ○

2012    ×   ×   ×   ×   ○   ○   ○

2014    ×   ×   ×   ×   ×   ○   ○   ○

2016    ×   ×   ×   ×   ×   ○   ○   ○   ○

2017    ×   ×   ×   ×   ×   ○   ○   ○   ○   ○

 

 

互換性レベルは SQL Server のバージョンアップ時に利用できる

他にこの互換性レベルは、SQL Server のバージョンアップ時にも利用できます。

 

例えば、以下の環境の場合

現状のシステムのデータベース:SQL Server 2008

互換性レベル:80,90,100

SQL Server 2016 にアップグレードを考えている場合

バージョン:SQL Server 2016

互換性レベル:100,110,120,120

そのため、互換性レベルが100に合わせることでバージョンアップが可能と言えます。

ただし SQL Server 2016 の最新機能は使えなくなる可能性があります。

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください