【SQL Server】データベース認証方式について(SQL Server認証とWindows認証)

今回は Microsoft SQL Server のデータベース認証方式について解説します。

 

 

SQL Server セットアップ中に設定できる認証モードが2つある

どの認証モードを利用するかはセットアップ中に選択します。

認証モードは以下の2つがあります。

 

それぞれの認証モードによって使用できる認証方式が決まってきます。

※どちらの認証モードを選択しても「Windows認証」は使用できます。

 

Windows 認証の場合

ユーザーの「アカウント(ID)」「パスワード」の検証が Windows によって行われます。

SQL Server 側では「アカウント」も「パスワード」も要求されません。

 

 

SQL Server 認証の場合

SQL Server 側で「アカウント」「パスワード」が検証されます。

 

sa アカウントについて

権限が強力すぎるので、アプリケーションでは利用しないなど注意する必要があります。

sa アカウントは Windows 認証とは無関係なので、Windows の Administrators グループ等に登録する必要はありません。

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください