【Web】タイムアウト(Timeout)とは?

タイムアウトと一言で言ってもいろいろな意味や状況が考えられます。

今回は「タイムアウト(Timeout)」について解説します。

 

 

 

タイムアウト(Timeout)とは?

タイムアウトとは、分かりやすくいうと「時間切れによる終了」という意味です。

Webやネットワークなどでタイムアウトが設定されていることがありますが、時間もまちまちです。

「4分」、「60分」、「3時間」、「なし(無制限)」など設定もバラバラです。

システムの機能や状況によりタイムアウトの設定値が変わります。

 

静的ページで前後のつながりがなければ「タイムアウト」は不要

単純な静的ページ(index.html)を表示しているだけなら「タイムアウト」という概念はありません。

クライアントブラウザからリクエストが来たら、そのページを返すだけです。

 

静的なページでブラウザよりWebサイトにアクセスして一度ページを表示してしまえば、そのページはローカルコンピュータのメモリ上に残ります。

その後はLANケーブルが抜けようが、FWで遮断されようが、Webサーバーがシャットダウンしようが、ローカルコンピュータのブラウザより閲覧できます。(もちろん、ページ移動はできませんが)

静的なページの場合は「タイムアウト」という概念はないので、その瞬間瞬間でページにアクセスできればいいだけの話です。

 

 

しかし会員サイトでアカウントを特定してログイン処理をするといったシステムでは「セッション」が必要になり、セッションが必要なサイトは「タイムアウト」を設定することが多いです。

※設定していないサイトもあります。その場合は、ログイン処理でパスワードの入力待ちで1日経っても問題なくパスワード入力でログインできたりします。ただしセキュリティ上問題があります。

 

 

様々なタイムアウトがある

 

 

 

通信には「タイムアウト」と「接続拒否」がある

 

以下は存在しないURLを指定した場合です。

5秒くらい経過して下図のように「このサイトにアクセスできません」のメッセージが表示されます。

 

 

接続拒否の場合は、すぐにレスポンスが返ってきます。

 

 

【HTTP セッションタイムアウト】Web サーバーのセッションタイムアウト

ブラウザが Web サーバーにリクエストを送信しセッションが張られた後、ブラウザから全く通信が来ない場合、Webサーバー側では、ユーザーがまだ閲覧しているのか、それとも閲覧を終了してしまったのかを知ることができません。

その場合、Webサーバーがブラウザからの次の通信を待ち続けると以下の問題が発生します。

 

そのため、セッションを張るような Web サーバー(Web サービス)の場合は一定時間でセッションを「タイムアウト」させて終了させるようにしています。

(サーバー側のポリシーで敢えてセッションを終了させずに残し続けることもあります)

 

セッションがタイムアウトすると、セッションを維持するために使用されていたサーバー上のリソースは解放されます。

 

 

 

【Apache】httpd.conf でのタイムアウト

Apache のバージョンは「2.4.6」です。

[root@SAKURA_VPS ~]# httpd -v
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)
Server built: Oct 19 2017 20:39:16

 

 

 

KeepAliveTimeout ディレクティブ

KeepAliveTimeout ディレクティブは、持続的な接続の場合、次のリクエストが来るまでサーバーが待つ時間を設定します。

デフォルトでは「5秒」になっています。

 

 

TimeOut ディレクティブ

TimeOut ディレクティブは、リクエストを失敗させるまでにサーバーが待つ時間を設定します。

デフォルトでは「60秒」になっています。

※2.2では「300秒」になっています。バージョンによりデフォルト値が異なることがあります。

 

 

HTTPステータス

HTTPステータスのタイムアウトは以下の2種類があります。

 

 

Google Chrome で HTTP ステータスが簡単に分かる拡張機能

Google Chrome の拡張機能「HTTP Status」をインストールすると簡単に HTTP ステータスを確認できます。

 

HTTP Status

https://chrome.google.com/webstore/detail/http-status/cknfnacbckhfpjahnmkblajcpledpfnp

 

上記 URL にアクセスしたら右上にある「CHROME に追加」ボタンをクリックします。

 

 

拡張機能「HTTP Status」を導入すると下図のように右上に「HTTP ステータス」が表示されるようになります。

 

 

 

ブラウザ側のタイムアウト

IE(Internet Explorer)の場合

HTTP KeepAlive タイムアウト値で設定しています。

HTTP KeepAlive タイムアウト値 ← デフォルト 1分

 

マイクロソフト公式サイト

Internet Explorer の既定の Keep-Alive タイムアウト値を変更する方法

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/813827

 

以下の手順でレジストリで設定できます。

  1. 以下のレジストリキーに移動します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\InternetSettings
  2. 新規追加で「KeepAliveTimeout」という名前の DWORD 値を追加し、待機時間を設定します。
    単位はミリセコンド(1/1000秒)です。

 

 

ブラウザ側のタイムアウト値と Web サーバー側のタイムアウト値が異なった場合

例えば以下の場合

 

この場合はブラウザのタイムアウト値が 1分なので「1分」でタイムアウトになります。

 

 

Tomcat のタイムアウト

Apache と Tomcat が連携している場合は、Apache 側でセッションタイムアウトの設定をするので、Tomcat 側でも設定することはあまりないのかもしれませんが「web.xml」ファイルでセッションタイムアウトの設定をすることができます。

 

数値の単位は「分」です。

<session-config>
  <session-timeout>30</session-timeout>
</session-config>

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人