【ネットワーク】ネットワーク速度(bps、bits per second)とネットワーク帯域幅について改めて詳細に調査

ネットワーク速度の計算で一度勘違いしたことがあったので、ここで再度ネットワーク速度とネットワーク帯域幅について解説します。

 

 

 

bps とは

1秒間に転送できるビット数です。

1バイト(Bytes)=8ビット(bits)です。

 

 

■100 bps の場合

1秒間に 100 bits の転送

100 bits = 12.5 Bytes

 

 

例えば、fast.com のサイトでインターネットの速度を測定できますが、下図のように「Kbps」となっています。

 

 

 

 

 

■10 Kbps の結果が出た場合

1秒間に 10Kb(10キロビット)、つまり 1秒間に 1.25 KB のデータが転送されていることになります。

 

 

■29 Mbps の結果が出た場合

以下のように 29 Mbps の結果が出た場合です。

 

 

 

帯域幅(ネットワーク帯域幅)とは

帯域幅(Bandwidth)という用語は、周波数に使ったりといろいろな使い方がありますが、今回の場合はネットワーク帯域幅についてです。

 

そもそも帯域幅とは?

色々調べると、正直言ってこれといった定義は確立できていないようで、帯域幅という用語を使うのは間違っているといった主張もあります。

確かに正直言って「帯域幅」という用語はいまいちハッキリとしないし分かりづらいと思います。

これが「1秒間の転送データ量が1MBだ」という言い方なら、「つまり 0.125 Mbps」ということだなとイメージできます。

 

基本的に「帯域幅」「アナログ帯域幅(Hz)」で使うのが正解ではないかと思いました。

ただし、各IT企業(Ciscoなどネットワークを代表するような企業でも)では、まだまだ「帯域幅」という用語は使っています。

例えば、Cisco のマニュアルを読むと「帯域幅の速度」という言い方をしています。

 

■結論

結論を言えば、「帯域幅」「通信速度」として利用するのが一般的ということでしょうか。

 

また、クラウドサービスで独り勝ちの AWS でも「ネットワーク帯域幅」という用語を使っています。

100 Gbps ということは、1秒間に 12.5 GB のデータを転送できるということです。

 

 

 

また、アナログとデジタルでは、帯域幅を以下のように分類できます。

 

インターネットが普及されるにつれて「インターネットの通信速度」「ネットワーク帯域幅」として使われてきた歴史があると思います。

 

 

 

 

 

データ転送時間の計算

ネットワーク帯域幅(通信速度)をデータ転送時間を計算できます。

 

■10GB のデータを転送したい場合

逆にクライアントがサーバから「10GB のデータ」をダウンロードしたい場合で、かつネットワーク帯域幅が「10Mbps」の場合はデータを転送するのにどれくらいかかるでしょうか。

 

 10GB のデータは 8,000秒掛かります。

 

 

 

最後に

各サイトがそれぞれ「帯域幅」を定義しているが、統一感がないので迷いました。

逆に言えば、「帯域幅」という用語には明確な定義がないと言えます。

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください