【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

今回も AWS に Sophos を導入する手順について解説します。

構成はタイトルの通り AWS に Sophos を導入し、プライベートサブネットにいるサーバー(Webサーバー)が「インバウンド」「アウトバウンド」で Sophos を経由する設定です。

今回は【Part.2】になります。

 

 

前回の【Part.1】では以下の設定をしました。

 

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.1】

 

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.3】

 

 

 

 

今回の作業

今回は以下の2点の作業をします。

 

 

 

Sophos 構成図

今回構築する Sophos の構成図です。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】

ポイントは、

も Sophos を経由することです。

その結果、 Web サーバーの通信記録が Sophos に残ります。

また、インターネットからの攻撃の防御を防ぐこともでき、アウトバウンドも絞ることができます。

更に特定のサイトへのアクセスを防ぐこともできます。

 

 

 

 

 

Windows Server 2016 に IIS(インターネット インフォメーション サービス)をインストールする手順

今回の EC2 インスタンスは以下になります。

Microsoft Windows Server 2016 Base

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

※そのためインタフェースは「英語」になります。

 

 

 

 

Windows Server 2016 にログインし、スタートメニューより「Server Manager」をクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】

 

 

 

 

 

 

「Server Manager」が起動したら「Add roles and features」をクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

「Before you begin」画面で「Next」ボタンをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

 

「Select installation type」画面で「Role-based or feature-based installation」を選択して「Next」ボタンをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

 

「Select a server from the server pool」を選択して、自身のサーバーを選択して「Next」ボタンをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

 

 

「Select server roles」画面で「Web Server(IIS)」をクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

「Add features that are required for Web Server(IIS)?」画面でデフォルトのまま「Add Features」ボタンをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

 

下図のように「Web Server(IIS)」にチェックが入っていることを確認して「Next」ボタンをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

 

「Select features」画面で、このままの状態で「Next」ボタンをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

 

「Web Server Role(IIS)」画面で「Next」ボタンをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

 

 

「Select role service」画面で「HTTP Redirection」にチェックを入れて「Next」ボタンをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

 

 

「Confirm installation selections」画面で設定を確認し「Install」ボタンをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

 

インストールが完了したら「Close」ボタンをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

IIS(インターネット インフォメーション サービス)動作確認

IIS をインストールしたらローカルから、インターネットから動作確認をします。

 

ローカル上での動作確認

Web サーバー上でブラウザを起動し、URL 欄に「localhost」と入力します。

下図のようにデフォルトのページが表示されればインストールは成功です。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

インターネット経由での動作確認

ローカルパソコンからブラウザを開き、URL 欄に ELB の DNS 名を入力しアクセスできるか確認します。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

 

Route 53 の設定で「独自ドメイン名」でインターネット経由でアクセスできるように設定する

次に現在持っている独自ドメイン名でインターネット経由でプライベートサブネットの Web サーバーにアクセスできるように設定します。

 

【過去の記事】

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを Amazon Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

「Amazon Route 53」に独自ドメインを登録する

AWS 管理コンソール画面にログインをして「サービス」-「Route 53」をクリックします。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

「Amazon Route 53」画面で「DNS management」「Get started now」ボタンをクリックします。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

 

左側ペインより「Hosted zones」をクリックし「Create Hosted Zone」ボタンをクリックします。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

「Created Hosted Zone」ボタンをクリックして下図のように「You have no hosted zones」のメッセージが表示されたら再度「Create Hosted Zone」ボタンをクリックします。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

Create Hosted Zone の画面が表示されたら以下のように設定します。

設定が完了したら「Create」ボタンをクリックします。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

登録が完了すると、下図のように AWS のネームサーバーが4つ表示されます。

この4つのネームサーバーを後ほど「お名前.com」に登録します。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

AWS ELB と Amazon Route 53 に登録した独自ドメインを紐付ける

次に「AWS ELB」「Amazon Route 53」に登録した独自ドメインを紐付けます。

「Create Record Set」ボタンをクリックします。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

下図のように右側ペインの「Alias」「Yes」にチェックを入れます。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

下図のように設定をします。

設定をしたら「Create」ボタンをクリックします。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

 

下図のように ELB の Alias が追加されていることを確認します。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

以上で、Amazon Route 53 側の設定は完了です。

引き続き「お名前.com」側での設定をします。

 

 

 

 

 

「お名前.com」に「Amazon Route 53」のネームサーバーを登録する手順

「お名前.com」にログインします。

https://navi.onamae.com/login

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

ログインしたら下図のように「ドメイン」タブをクリックします。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

下図のように「更新手続きをお忘れではございませんか?」のメッセージが画面が表示されたら「更新画面から移動する」ボタンをクリックします。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

下図のようにドメイン一覧が表示されるので対象の「独自ドメイン名」をクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

左側ペインより「ネームサーバーの設定」-「ネームサーバーの変更」をクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

「2.ネームサーバーの選択」「その他」タブをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

以下のように AWS で提示されたネームサーバー4台すべて設定し「確認」ボタンをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

確認画面で設定を確認し「OK」ボタンをクリックします。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

下図のように「完了しました」メッセージが表示されることを確認します。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

お名前.com でドメインが1円から取得できるキャンペーンをやっています。(ドメインとレンタルサーバーのセットの場合)

 

 

 

 

 

 

ネームサーバーが変更されたことを確認する手順

上記手順でネームサーバーが「AWS のネームサーバー」に変更されましたが、本当に変更されたのか確認する手順を解説します。

「ドメイン Navi」「ドメイン一覧」タブをクリックします。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

対象の「ドメイン名」のリンクをクリックします。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

 

 

ドメインの詳細情報が表示されるので「ネームサーバー情報」を確認します。

ここで今現在の設定を確認することができます。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを AWS Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

 

名前解決の動作確認

最後に動作確認をします。

手起動なサーバーにログインして「nslookup」コマンドを実行します。

グローバル IP アドレスが返ってくれば名前解決が出来ています。

[root@ip-10-0-0-11 ~]# nslookup xxxxxxxxxx.com 
Server:         10.0.0.2 
Address:        10.0.0.2#53 
 
Non-authoritative answer: 
Name:   xxxxxxxx.com 
Address: 54.178.156.248 
Name:   xxxxxxxx.com 
Address: 52.197.167.212 
 
[root@ip-10-0-0-11 ~]#

 

 

 

 

 

 

ブラウザを開き、独自ドメイン名を入力し、インターネット経由でアクセスできるか確認します。

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

 

 

 

 

【Part.2】は以上で完了です。

【Part.3】では SSL 証明書を ELB に導入してリダイレクトの設定をします。

 

 

過去の記事

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.1】

 

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.2】

 

【AWS】Sophos を導入し「インバウンド」と「アウトバウンド」で Sophos を経由するように設定する【Sophos】【Part.3】

 

 

 

Sophos の日本語のマニュアル(管理者ガイド)の探し方

Sophosの詳しい日本語のマニュアル(すべての機能が解説している700ページ近いマニュアル)の探し方です。

迷った時は小まめにマニュアルを読むようにします。

 

 

Sophos 日本語ページにアクセスします。

https://www.sophos.com/ja-jp.aspx

 

【Sophos】Sophosマニュアル(日本語版管理者ガイド)の探し方

 

 

 

 

上のメニュー画面より「サポート」タグをクリックします。

【Sophos】Sophosマニュアル(日本語版管理者ガイド)の探し方

 

 

 

 

下図のように「ドキュメント」タグをクリックします。

【Sophos】Sophosマニュアル(日本語版管理者ガイド)の探し方

 

 

 

 

 

「製品の検索」のプルダウン一覧より「Sophos UTM」を選択します。

【Sophos】Sophosマニュアル(日本語版管理者ガイド)の探し方

 

 

 

 

 

「ソフトウェア UTM 9」より日本語版の管理者ガイドを選択します。

【Sophos】Sophosマニュアル(日本語版管理者ガイド)の探し方

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人