【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

前回、HPE ProLiant DL360 DL380 の管理画面を日本語化する手順を解説しました。

 

【物理】HPE ProLiant DL360、DL380 の iLO 管理画面を日本語化する手順

 

今回は「HPE ProLiant DL360」のファームウェアをアップデートする手順です。

こまめにアップデートをすることで安定したサーバーの運用をすることができます。

 

 

ファームウェアのダウンロード

HPEのサポートサイトから対象サーバーのファームウェアをダウンロードします。

 

以下URLにアクセスをして「HPE」のサポートサイトに移動します。

https://h20565.www2.hpe.com/portal/site/hpsc/public

 

 

 

【例】HPE ProLiant DL360 のファームウェアをダウンロードする場合

 

 

 

 

検索結果の中から対象のサーバーをクリックします。

例として「HPE ProLiant DL360 Gen9サーバー」を選択します。

※ちなみに「HPE ProLiant DL360」は、「価格面」「スペック」「信頼性」など総合的な評価により業界でもスタンダードなサーバーです。レンタルサーバー業者でもよく利用されているサーバーです。 

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

 

下図のようなページに移動したら「ドライバー、ソフトウェア、およびフォームウェアを入手する」のリンクをクリックします。

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

 

下図のように多数のリンクが表示されます。

正確な構成が分かれば適切なリンクをクリックしますが、分からなければ汎用的な「HPE ProLiant DL360 Gen9 Server」を選択します。

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

下図のようにスクロールをして適切なオペレーティングシステムを選択します。

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

「ダウンロード」ボタンをクリックして、iLOの最新のファームウェア「オンラインROMフラッシュコンポーネント」をダウンロードします。

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

iLO 管理画面いログインします。

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

 

「iLO ファームウェアバージョン」を確認します。

「2.54」であることが分かります。

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

 

「iLOファームウェアバージョン」のリンクをクリックします。

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

 

「ファームウェアアップデート」画面に移動したら「ファイルを選択」ボタンをクリックします。

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

 

ファイルは「zip」形式のまま選択します。(解凍しなくてもOKです)

ファイルを選択したら「アップロード」ボタンをクリックします。

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

 

ファームウェアのアップデートに伴って以下の警告が出ます。

「iLOファームウェアのアップデートは、iLOを再起動します。これによってリモートコンソールおよび仮想メディアを含むiLOへの接続が切断されます。他の種類のファームウェアの更新は、iLOを再起動しませんが、サーバーの再起動が必要になることがあります。サーバーは自動的には再起動しません。」

要するに

  • iLOファームウェアのアップデートはiLOを再起動する
  • iLOを再起動すると既存のiLOの接続は切断される
  • 他のファームウェアのアップデートはiLOを再起動しないがサーバーの再起動が必要になるかもしれないので注意
  • サーバーは自動的には再起動しないので安心して計画的にアップデートをする

ということです。

「OK」ボタンをクリックします。

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

以上でファームウェアのアップデートが完了ですが、オペレーションシステムが「VMware ESXi」の場合は以下のようにエラーが出ます。

「最後のファームウェアのアップデートは成功しませんでした。次のアップデートの準備をしてください。」

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順 

 

 

 

OSがVMware ESXiでエラーになった場合

上記のファームウェアのアップグレード手順は通常なら問題ないですが、OSがVMware ESXiの場合はエラーになります。

その場合はファームウェアをVMware ESXiにアップロードをしてコマンドラインからファームウェアをインストールします。

 

 

ダウンロードをしたファームウェアをVMwareのデータストアにアップロードする

ダウンロードしたファームウェアをVMware ESXiのデータストアにアップロードします。

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

SSHでVMware ESXiへリモートログインする

TeratermでVMware ESXiへリモートログインします。

ログインをしたらデータストアに保存したファームウェアのディレクトリに移動します。

# cd /vmfs/volumes/data/Patch

# ls

CP032489.zip

 

 

ファームウェアを解凍してファームウェアをインストールする

ファームウェアを解凍してインストールします。

# unzip CP032489.zip ← unzipコマンドで解凍します。
Archive:  CP032489.zip
  inflating: CP032489.vmexe
  inflating: CP032489.vmfile
  inflating: CP032489.xml
  inflating: README.txt

# cat README.txt ← README.txtファイルの中にインストール手順の記載があるので確認します。

For standalone installation,

    - Login as root. (You must be root in order to apply the update.)

    - Place the Smart Component (CPxxxxxx.zip) in a temporary directory

    - From the same directory, unzip the Smart Component:
               unzip CPxxxxxx.zip

    - Ensure that the file CPxxxxxx.vmexe is executable.
      Execute the commmand:

        chmod +x CPxxxxxx.vmexe ← 実行権限を与える必要があります。

    - To perform the standalone installation, execute the command:

             ./CPxxxxxx.vmexe ← 実行権限を与えた後にそのまま実行すればOKのようです。

    - Follow the directions given by the Smart Component

    - If instructed, reboot your system for the firmware update to take effect

NOTE: If the VMware ESXi operating system is installed on SD flash media or USB key,
      copy the component to a directory that is not mapped  to the SD Flash or the USB key,
      such as /tmp, to avoid delays during the execution of the component.

      If an error message is seen with the text "No space left on device",
      please either remove all unnecessary files in the directory that is being used or
      use a larger directory (usually /tmp has plenty of space ).  Then, try again.

chmod +x CP032489.vmexe ← 実行権限を与えます。
# ./CP032489.vmexe ← 実行します。
OS Version found  [6.5.0]
./_CP032489.scexe: Process [6.5.0] with path [./ESXi_6.5]

iLO Flasher v2.0.0-5 for VMware ESXi
(C) Copyright 2002-2017 Hewlett Packard Enterprise Development LP
Firmware image: ./ilo4_255.bin
Current iLO 4 firmware version  2.54

Component XML file: ./CP032489.xml
./CP032489.xml reports firmware version 2.55
This operation will update the firmware on the
iLO 4 in this server with version 2.55.
Continue (y/N)?y ← 「y」を入力します。
Current firmware is  2.54 (Jun 15 2017 00:00:00)
Firmware image is 0x1001b1c(16784156) bytes
Committing to flash part...
******** DO NOT INTERRUPT! ********
Flashing is underway... 100 percent programmed. -
Succeeded.
***** iLO 4 reboot in progress (may take up to 60 seconds.)
***** Please ignore console messages, if any.

iLO 4 reboot completed.

 

この後、iLO が再起動します。

 

iLO再起動後の確認

iLOが再起動したらファームウェアのバージョンを確認します。

「ファームウェアバージョン 2.55」になっていることが確認できました。

【物理】【ファームウェア・BIOS】HPE ProLiant DL360 で iLO からアップデートする手順

 

 

 

まとめ

環境によってはコマンドラインからのファームウェアのアップグレードが必要な場合もありますが、READMEを読めばたいていはインストール手順が詳しく記載されているので手順通りに実施しましょう。

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。