DNSサーバーの設定(お名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーがレンタルサーバーの場合)

今回は「レンタルサーバー」に欠かせないDNSについて解説します。

私は自宅に以下の環境を持って日々勉強しています。

  • 自宅サーバー
  • エックスサーバー
  • さくらVPSサーバー
  • その他もろもろレンタルサーバー
  • VMware(仮想化環境)
  • AWS

こう見ると無駄にサーバーをかかえているような気がします(笑)

 

OSはLinux(特にCentOS)が中心です。

レンタルサーバーだけではないですが、インターネットを利用して情報のやり取りをしようとするとどうして「DNS」は欠かせません。

先日、初心者向けに「【初心者向け】 ドメイン、DNSの仕組みの解説」の記事を作成しました。

今回は違う切り口でレンタルサーバーの設定を中心とした「DNS」について解説します。

DNSは何をしているのか?

インターネットの世界は「TCP/IPネットワーク」で構成されています。

TCP/IPの世界では、ネットワーク上のコンピュータを識別するためにIPアドレスを利用します。

ただ、IPアドレスは「231.236.193.132」のように数字の羅列なので人間にとっては覚えられないです。

そのため「yahoo.co.jp」とか「google.co.jp」とか「amazon.co.jp」とか人間が理解しやすい名前を付けました。

DNSはこの「人間が分かりやすい名前」「IPアドレス」を結び付ける役割を担っています。

もちろん、レンタルサーバーでもこのDNSという名前解決の仕組みが必要です。

DNSを正しく設定しないと、誰もレンタルサーバーにアクセスができないからです。

 

「独自ドメイン」で「レンタルサーバー」を運用する場合

独自ドメインでレンタルサーバーを運用する場合は、最低限以下の2つが必要になります。

  • 独自ドメイン
  • レンタルサーバー

さくらのレンタルサーバーの説明ページにもドメインに関して記載があります。

 

今回は「独自ドメイン」が関連しています。

独自ドメインとは「ドメインの所有者が世界中であなた一人」ということです。

たとえば、さくらのレンタルサーバーを契約すると、無料で「xxx.xxx.sakura.jp」という「さくらのドメイン」の「サブドメイン」の使用ができます。

でもこれはあなた一人が所有しているドメインではないので、「独自ドメイン」ではありません。

あくまでも「サブドメイン」です。

お名前.comで独自ドメインを取得してエックスサーバーでレンタルサーバーを運営する場合

いよいよ本題ですが、以下の例を想定していますが、この記事を読めば他の会社やサービスの組み合わせでも応用できるはずです。

  • 独自ドメイン → お名前.comで取得する
  • レンタルサーバー → エックスサーバーで借りる

この組み合わせは結構多いのではないかと思います。

最低限何を設定すればいいのかというと、

  • エックスサーバーが「あなたの独自ドメイン名」を知る
  • お名前.comのDNSサーバー(ネームサーバー)が「あなたの独自ドメイン」と「レンタルサーバーのIPアドレス」を管理しているDNSサーバー(ネームサーバー)を知る

この2つをすればインターネットからあなたの独自ドメイン名であなたのレンタルサーバーにアクセスできます。

下図で図解しました。

この図を更に解説しますが、エックスサーバーがあなたのレンタルサーバーとIPアドレスを持っています。

しかし独自ドメインは「お名前.com」から取得したので、エックスサーバーはあなたの独自ドメインを知りません。

まずはエックスサーバー側から設定します。

エックスサーバーの管理画面であなたの独自ドメインを登録する

1.エックスサーバーの「サーバーパネル(ServerPanel)」にログインをして、「ドメイン設定」をクリックします。

2.「ドメインの追加設定」タブをクリックします。

 

3.ドメインを設定して登録します。

その結果、エックスサーバーのDNSサーバー(ネームサーバー)が「あなたのレンタルサーバーのIPアドレス」と「あなたの独自ドメイン」を結び付けることができるようになりました。

これでエックスサーバー側での設定は完了です。

お名前.comでエックスサーバーのネームサーバーを登録する

次に「お名前.com」側での設定です。

「お名前.comのネームサーバー」に「エックスサーバーのネームサーバー」を登録します。

これにより

  • エックスサーバーのネームサーバー
  • お名前.comのネームサーバー

が「あなたの独自ドメイン名」と「レンタルサーバーのIPアドレス」を結び付けられるようになります。

1.お名前.comの「ドメインNavi」へログインします。

2.「Navi TOP」タブをクリックする。

3.「ネームサーバー」の「変更する」ボタンをクリックする。

4.「登録情報は正しいので、手続きを進める」をクリックする。

5.「他のネームサーバーを利用」タブをクリックする。

6.エックスサーバーのネームサーバー名を登録する。以下のようにネームサーバー名を入力したら「確認画面へ進む」ボタンをクリックする。

※2つ登録すれば十分です。

■エックスサーバーのネームサーバー一覧

ネームサーバー1    ns1.xserver.jp( 219.94.200.246 )
ネームサーバー2    ns2.xserver.jp( 210.188.201.246 )
ネームサーバー3    ns3.xserver.jp( 219.94.200.247 )
ネームサーバー4    ns4.xserver.jp( 219.94.203.247 )
ネームサーバー5    ns5.xserver.jp( 210.188.201.247 )

7.最後にネームサーバー情報を確認して「設定する」ボタンをクリックします。

これで「エックスサーバー」側、「お名前.com」側であなたの「独自ドメイン」と「レンタルサーバーのIPアドレス」が紐付くようになりました。

インターネット上からあなたの独自ドメインでアクセスすれば、あなたのレンタルサーバーに行くはずです。

設定したDNS情報が反映されるまで1日前後かかる場合があるので注意

設定したDNS情報がインターネット上で反映されるまで時間が掛かります。

DNSという巨大なシステム上、仕方がない部分があります。

世界中でDNSサーバーが1台しかないなら、設定した瞬間に反映されますが、下図のようにインターネット上にはネームサーバー(DNSサーバー)多数あるので、反映に時間が掛かるのです。

早ければ1時間くらいですぐにドメイン名とIPアドレスの名前解決ができるようになりますが、遅いと1日くらいかかります。

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

“DNSサーバーの設定(お名前.comでドメイン取得して、エックスサーバーがレンタルサーバーの場合)” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。