【AWS】EC2でWebサーバーと API サーバーを構築してインターネットに公開し、ELB でロードバランスする設定手順

AWS を利用して Web サーバーと API サーバーを構築してインターネットに公開し、Web 用 ELB と API 用 ELB でロードバランスする設定手順を解説します。

※言葉ではなかなか構成が伝わらないと思うので、下にある AWS ネットワーク構成図を確認してください。

 

今回は、AWS に割り当てられた「パブリック DNS 名」でアクセス確認をしましたが、今後「お名前.com」で購入した手持ちのドメイン名で名前解決ができるように設定してインターネット経由で「ドメイン名(FQDN)」でアクセスできるように手順も解説をする予定です。

 

↓こちらで解説しています。

 

Amazon Route 53 を利用して「お名前.com」で取得した独自ドメインを名前解決させる手順です。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを Amazon Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

ELB に SSL サーバー証明書を登録してインターネット経由で HTTPS でアクセスできる環境を構築する手順です。

【AWS】ELBにSSLサーバー証明書を導入しインターネット経由でアクセスできる環境を構築する手順

 

 

本記事でも解説しますが、内部 ELB の設定手順です。

【AWS】インターナル(プライベートサブネット)の ELB の構築方法

 

 

 

目次

AWS Webサーバー要件と設計

ざっくりと要件を挙げながら設計をします。

 

↓こちらで解説しています。

Amazon Route 53 を利用して「お名前.com」で取得した独自ドメインを名前解決させる手順です。

【AWS】お名前.com で取得した独自ドメインを Amazon Route 53 で名前解決して EC2 インスタンスの Web サーバーにアクセスさせる手順

 

 

Webサーバーの設計

 

AWS Webサーバー構成図

以下、ごちゃごちゃしているかもしれませんが「AWS Webサーバー構成図」です。

EC2 インスタンスを2つのサブネット(パブリックサブネットとプライベートサブネット)に所属させます。

アベイラビリティゾーンが2つあり、それぞれに「パブリックサブネット」「プライベートサブネット」を作成するのでサブネットは合計4つになります。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

Webサーバーシステム構築の手順概要

Webサーバーシステムの構築手順の概要です。

  1. VPC 作成のための事前準備として「Elastic IP」を1つ作成しておく
  2. アベイラビリティゾーン A に VPC を 1 つ作成し「パブリックサブネット」と「プライベートサブネット」を作成する
  3. アベイラビリティゾーン C に 「パブリックサブネット」と「プライベートサブネット」を作成する
  4. 「ルートテーブル」を設定する
  5. Web サーバーと API サーバーの「EC2 インスタンス」を「アベイラビリティゾーン A」に 1 つずつ作成する(1台目の EC2 インスタンスをクローンして作成する)
  6. Web サーバーと API サーバーの「EC2 インスタンス」を「アベイラビリティゾーン C」に 1 つずつ作成する(1台目の EC2 インスタンスをクローンして作成する)
  7. パブリックサブネットに Web サーバー用の「ELB」を作成する
  8. プライベートサブネットに API サーバー用の「ELB」を作成する
  9. 動作確認をする

 

 

 

VPC作成のための事前準備として「Elastic IP」を1つ作成しておく

今回は「パブリックサブネット」「プライベートサブネット」を含む VPC を作成しますが、その前に「VPC」「NAT ゲートウェイ」に割り当てる「Elastic IP」を1つ作成しておきます。

 

NATゲートウェイとは?

NATゲートウェイとはプライベートサブネットがインターネットに出ていくために「プライベートIP」「グローバルIP」を変換する機能です。今までは「NAT インスタンス」を構築していましたが、「NAT ゲートウェイ」で同様のことができるようになりました。

たとえば、プライベートサブネットに CentOS や RedHat のサーバーがあるとすると、定期的に「yum update」でパッケージの更新が必要になります。

その際にインターネットに出て行かなければなりません。

また、Windows サーバーをプライベートサブネットで運用している場合は、定期的に「Windows Update」を実行したり、セキュリティソフトのアップデートも必要になります。

 

 

「Elastic IP」の作成手順

AWS管理コンソール画面にログインし「サービス」-「ネットワーキング&コンテンツ配信」-「VPC」をクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

「VPCダッシュボード」の左側ペインより「Elastic IP」をクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

「新しいアドレスの割り当て」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

「新しいアドレスの割り当て」画面で「割り当て」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

新しいアドレスが割り当てられたことを確認して「閉じる」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

下図のように「Elastic IP」が作成されていることを確認します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

 

Webサーバーシステム用に「VPC」を 1 つ作成する

Webサーバーシステム用に「VPC」を 1 つ作成します。

具体的には各IPアドレスなどは、以下のネットワーク構成図のように構築します。

 

ネットワーク構成図

以下のネットワーク構成図のように構築します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

VPC 新規構築手順

AWSにログインし「サービス」-「ネットワーキング&コンテンツ配信」-「VPC」をクリックします。

【AWS】Webサーバーを構築してインターネットに公開する手順

 

 

 

「VPC」ダッシュボードに移動したら「VPC ウィザードの開始」ボタンをクリックします。

【AWS】Webサーバーを構築してインターネットに公開する手順

 

 

 

 

「ステップ 1:VPC 設定の選択」画面で「パブリックとプライベートサブネットを持つ VPC」を選択して「選択」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

VPC の設定をします。

今回は「パブリックサブネット」「プライベートサブネット」の両方を持つ VPC なので以下のように設定します。

設定が完了したら「VPC の作成」ボタンをクリックします。 

※残りの2つのサブネット(アベイラビリティゾーンCの「パブリックサブネット」と「プライベートサブネット」)は後程作成します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

下図のように「VPC が正常に作成されました」のメッセージが表示されることを確認して「OK」ボタンをクリックします。

【AWS】Webサーバーを構築してインターネットに公開する手順

 

 

 

 

下図のように作成した「VPC」が一覧に表示されていることを確認します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

 

アベイラビリティゾーン C の「パブリックサブネット」と「プライベートサブネット」を作成する

VPCの作成時に「アベイラビリティゾーン A」で以下のサブネットを作成しました。

次に残りの「アベイラビリティゾーン C」の以下のサブネットを作成します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

アベイラビリティゾーン C に「パブリックサブネット」を作成する手順

「VPC ダッシュボード」画面より左ペインの「サブネット」をクリックして「サブネットの作成」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

「サブネットの作成」画面が表示されるので下図のように設定を入れます。

設定を入力したら「はい、作成する」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

下図のようにサブネットが作成されていることを確認します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

アベイラビリティゾーン C に「プライベートサブネット」を作成する手順

同様に「アベイラビリティゾーン C」「プライベートサブネット」も作成します。

 

「VPC ダッシュボード」画面より左ペインの「サブネット」をクリックして「サブネットの作成」ボタンをクリックします。

「VPC ダッシュボード」画面より左ペインの「サブネット」をクリックして「サブネットの作成」ボタンをクリックします。            「サブネットの作成」画面が表示されるので下図のように設定を入れます。  名前タグ ← 分かりやすい名前(PublicSubnet-AVZ-Cなど)を設定します。 VPC ← 先ほど新規作成したVPC(Web-Server)を選択します。 アベイラビリティゾーン ← 今回は Availability Zone C を選択します。 IPv4 CIDR ブロック ← 今回作成する「10.0.1.0/24」を入力します。 設定を入力したら「はい、作成する」ボタンをクリックします。          下図のようにサブネットが作成されていることを確認します。

 

 

 

「サブネットの作成」画面が表示されるので下図のように設定を入れます。

設定を入力したら「はい、作成する」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

下図のようにサブネットが作成されていることを確認します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

「ルートテーブル」の設定

次にルートテーブルを設定します。

「アベイラビリティゾーン A」「パブリックサブネット」を作成した際に自動的にインターネットゲートウェイが割り当てられましたが、「アベイラビリティゾーンC」「パブリックサブネット」も同様にインターネットゲートウェイを割り当てる必要があります。

その結果、「アベイラビリティゾーンC」「パブリックサブネット」がインターネットと接続できるようになります。

(インターネットからアクセスできるようになりますし、インターネットに出て行けるようにもなります)

 

 

 

 

左側ペインより「サブネット」をクリックし対処の「アベイラビリティゾーンC」「パブリックサブネット(PublicSubnet-AVZ-C)」を選択し、「ルートテーブル」タブをクリックして「編集」ボタンをクリックします。

※現時点ではNATゲートウェイが設定されています。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

下図のように「ルートテーブル」を切り替えて、送信先(0.0.0.0/0)のターゲットを「インターネットゲートウェイ(igw-xxxxxx)」になるように設定し、「保存」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

下図のように 0.0.0.0/0 のターゲットが「インターネットゲートウェイ」に変更されていることを確認します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

以上でネットワーク周りの構築は完了です。

次に「EC2 インスタンス」を作成します。

 

 

 

【web01】「EC2インスタンス」を「アベイラビリティゾーン A」の「パブリックサブネット」に 1 つ作成する

次に Webサーバー1号機(Web01)となる「EC2 インスタンス」を作成します。

作成する場所はVPC「Web-Server」「アベイラビリティゾーン A」 に作成し、「パブリックサブネット」「プライベートサブネット」にアクセスする「ネットワークインターフェイス」を設定します。

 

 

「サービス」-「コンピューティング」-「EC2」をクリックします。

【AWS】Webサーバーを構築してインターネットに公開する手順

 

 

 

 

「インスタンスの作成」画面に移動したら「インスタンスの作成」ボタンをクリックします。

【AWS】Webサーバーを構築してインターネットに公開する手順

 

 

 

 

次に「AMI(Amazon マシンイメージ)」を選択します。

今回は「Red Hat」「無料利用枠の対象」を選択します。

 

 

 

 

「インスタンスタイプの選択」画面で「無料利用枠の対象」「t2.micro」を選択して「次の手順:インスタンスの詳細の設定」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

以下のように EC2 インスタンスを設定します。

 

設定が完了したら「次の手順:ストレージの追加」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

「ストレージの追加」画面に移動したらディスクサイズを設定して「タグの追加」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

「タグの追加」画面でタグを追加します。

下図はキーに「Name」を設定し、「値」「web01」に設定しています。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

ちなみに、キーに「Name」と入れ、値にサーバー名(test)を設定すると下図のように EC2 インスタンス一覧に表示されます。

 

 

 

 

「セキュリティグループの設定」画面でファイアウォールの設定をします。

下図はインバウンドのファイアウォールの設定をしています。

今回は、Web サーバーを構築してインターネット経由でパブリックサブネットの ELB にアクセスし、ELB から TCP/80 にアクセスを受けるので下図のように TCP/80 を許可します。

※ELB からだけ TCP/80 を LISTEN すればいいのですが、初期設定のためにソースIPを絞りません。(一時的)

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

「インスタンス作成の確認」画面で設定を確認して「作成」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

EC2 インスタンスを作成する際に「既存のキーペア」を流用するか「新しいキーペア」を作成するか確認画面が表示されます。

「新しいキーペア」を作成する場合は下図のように「キーペア名」を入力して「キーペアのダウンロード」ボタンをクリックしてキーペアをダウンロードします。

「既存のキーペア」を流用する場合は、どのキーペアを流用するのか選択します。

【AWS】Webサーバーを構築してインターネットに公開する手順

 

 

 

 

「インスタンスの作成」ボタンをクリックすると下図のようにインスタンスの作成中画面が表示されます。

 

 

 

しばらくすると下図のように「インスタンスの状態」「running」になります。

下図のように「パブリックDNS(IPv4)」と「IPv4 パブリック IP」が割り当てられていることを確認します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

最初の1台にログインし Apache をインストールする

最初の1台に Apache をインストールをして、その後はその EC2 インスタンスのクローンを取得し、残りの3台の EC2 インスタンスを作成します。

 

Teratermを起動します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

ホストに「パブリックDNS(IPv4)」もしくは「IPv4 パブリック IP」を入力し「OK」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

 

下図の「セキュリティ警告」画面が表示されたら「続行」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

yum update コマンドで全体を最新にアップデートします。

[ec2-user@ip-10-0-0-11 ~]$ sudo su -
[root@ip-10-0-0-11 ~]# yum update

 

アップデートが完了したら、一度OSを再起動します。

[root@ip-10-0-0-11 ~]# reboot

 

 

再起動後にディストリビューションの確認をします。

[root@ip-10-0-0-11 ~]# cat /etc/redhat-release
Red Hat Enterprise Linux Server release 7.5 (Maipo)
[root@ip-10-0-0-11 ~]#

 

 

Apacheをインストールします。

[root@ip-10-0-0-11 ~]# yum install httpd

 

 

httpd サービスの自動起動の設定をしてサービスを起動します。

[root@ip-10-0-0-11 ~]# systemctl list-unit-files | grep httpd 
httpd.service                                 disabled 
[root@ip-10-0-0-11 ~]# systemctl enable httpd 
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /usr/lib/systemd/system/httpd.service. 
[root@ip-10-0-0-11 ~]# systemctl list-unit-files | grep httpd 
httpd.service                                 enabled

 

 

 

httpd サービスを起動します。

[root@ip-10-0-0-11 ~]# systemctl status httpd 
● httpd.service - The Apache HTTP Server 
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; enabled; vendor preset: disabled) 
   Active: inactive (dead) 
     Docs: man:httpd(8) 
           man:apachectl(8) 
[root@ip-10-0-0-11 ~]# systemctl start httpd 
[root@ip-10-0-0-11 ~]# systemctl status httpd 
 httpd.service - The Apache HTTP Server 
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; enabled; vendor preset: disabled) 
   Active: active (running) since Fri 2018-05-04 01:34:01 UTC; 1s ago 
     Docs: man:httpd(8) 
           man:apachectl(8) 
 Main PID: 1229 (httpd) 
   Status: "Processing requests..." 
   CGroup: /system.slice/httpd.service 
           tq1229 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND 
           tq1230 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND 
           tq1231 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND 
           tq1232 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND 
           tq1233 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND 
           mq1234 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND 
 
May 04 01:34:00 ip-10-0-0-11.ap-northeast-1.compute.internal systemd[1]: Starting The Apache HTTP Se.... 
May 04 01:34:01 ip-10-0-0-11.ap-northeast-1.compute.internal systemd[1]: Started The Apache HTTP Server. 
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full. 
[root@ip-10-0-0-11 ~]#

 

 

 

Apache の動作確認をする

AWS 管理コンソール画面より「EC2 インスタンス(web01)」「パブリック DNS(IPv4)」を確認しインターネット経由でアクセスをしてみます。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

下図のようにテストページが表示されればインターネット経由でアクセスが出来ています。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

「EC2インスタンス」を「Availabiliby Zone C」に 1 つ作成する(1台目のEC2インスタンスをクローンする)

先ほど「web01」サーバーを構築しました。

そのインスタンスのイメージを作成して(クローンして)、残りの3つのサブネットに EC2 インスタンスを作成します。

 

作成する方法は「web01」のイメージ(AMI)を作成し、そのイメージ(AMI)からインスタンスを作成する手順です。

 

 

既存の EC2 インスタンス(web01)のイメージ(AMI)を作成する

イメージを作成したい EC2 インスタンスを選択して「アクション」-「イメージ」-「イメージの作成」をクリックします。

 

 

 

「イメージの作成」画面が表示されたら以下の値の設定をして「イメージの作成」ボタンをクリックします。

 

 

イメージの作成が実行されると下図のように「イメージの作成」画面が表示されるので「閉じる」ボタンをクリックします。

 

 

 

イメージ(AMI)から各「EC2 インスタンス(web02,api01,api02)」を作成する

次に先ほど取得したイメージから、残りの3つのサブネットに「EC2 インスタンス(web02,api01,api02)」を作成します。

※ここでは例として web02 のインスタンスを作成する手順を解説します。

 

AWS コンソール画面の左ペインより「イメージ」-「AMI」を選択し、先ほど作成したイメージがあることを確認します。

 

 

 

 

AMI(web01-image)を選択して「アクション」-「作成」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

「インスタンスタイプの選択」画面で「無料利用枠の対象」「t2.micro」を選択して「インスタンスの詳細の設定」ボタンをクリックします。

 

 

 

「インスタンスの詳細の設定」画面で以下のように設定を入れます。

設定を入れたら「ストレージの追加」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

「ストレージの追加」画面でストレージのサイズを設定して「タグの追加」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

 

「タグの追加」画面で「キー」「Name」と入力し「値」「web02」と入力し「セキュリティグループの設定」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

「セキュリティグループの設定」画面で「既存のセキュリティグループを選択する」にチェックを入れて、先ほど作成した「セキュリティグループ(Web-Server-Security-Group)」を選択し、「確認と作成」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

「インスタンス作成の確認」画面で設定内容を確認し「作成」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

「既存のキーペアを選択すると、新しいキーペアを作成します。」画面で「既存のキーペアの選択」を選択し、「web-server-key」を選択し、チェックを入れて「インスタンスの作成」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

下図のように「インスタンスは現在作成中です」のメッセージが表示されることを確認します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

※上記手順を参考に残りのサブネット(プライベートサブネット)に「EC2 インスタンス(api01,api02)」を作成します。

 

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

【パブリックサブネット側】「ELB(Elastic Load Balancer)」を作成する

次に「パブリックサブネット」側に「ELB(Elastic Load Balancer)」(ロードバランサ―)を作成します。

 

再度ネットワーク構成図を確認します。

構成図で言うと、アベイラビリティゾーン A と C のパブリックサブネットに ELB を作成します。(ELB をアベイラビリティゾーン A と C で分散させます)

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

AWS コンソール画面より「EC2」-「ロードバランサ―」をクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

「ロードバランサ―の作成」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

下図のように3種類のロードバランサ―があります。

 

今回は「Classic Load Balancer」を選択します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

「ステップ1:ロードバランサーの定義」画面で以下のように設定します。

 

設定が完了したら「セキュリティグループの割り当て」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

「ステップ2:セキュリティグループの割り当て」画面で下図のように設定します。

※今回は既存のセキュリティグループを流用しますが、アクセス設定はより細かく絞った方が安全になります。

設定したら「セキュリティ設定の構成」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

「ステップ3:セキュリティ設定の構成」画面でセキュリティを向上させるために HTTPS を利用するよう促されますが、今回は TCP/80 での動作検証をするので、そのまま「ヘルスチェックの設定」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

「ステップ4:ヘルスチェックの設定」画面で下図のように設定を入れます。

 

 

 

「ステップ5:EC2 インスタンスの追加」画面で、インスタンスにチェックを入れて ELB に所属するインスタンスを選択します。

選択をしたら「タグの追加」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

「ステップ6:タグの追加」画面で分かりやすいタグを設定して「確認と作成」ボタンをクリックします。

 

 

 

「ステップ7:確認」で各種設定内容を確認し「作成」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

下図のように「ロードバランサ―を正常に作成しました」のメッセージが表示されることを確認します。

 

しばらく経ち、下図のように「ステータス」「InService」に、「正常?」「はい」になれば設定がうまくいっています。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

インターネット経由で ELB にアクセスをして動作確認する

ここまで設定したらインターネット経由で ELB にアクセスをして動作確認をします。

 

ブラウザを開き、ELB の「説明」タブの「DNS名」にアクセスをします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

下図のようにインターネット経由で ELB の DNS 名にアクセスできれば設定はうまくいっています。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

【プライベートサブネット側】「ELB(Elastic Load Balancer)」を作成する

先ほど「パブリックサブネット」側に「ELB(Elastic Load Balancer)」(ロードバランサ―)を作成しましたが、今後は「プライベートサブネット」側に ELB を作成します。

再度ネットワーク構成図を確認します。

構成図で言うと、アベイラビリティゾーン A と C のプライベートサブネット(10.0.2.0/24,10.0.3.0/24)に ELB を作成します。(ELB をアベイラビリティゾーン A と C で分散させます)

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

AWS コンソール画面より「EC2」-「ロードバランサ―」をクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

「ロードバランサ―の作成」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

下図のように3種類のロードバランサ―があります。

プライベートサブネットの ELB も「Classic Load Balancer」を選択します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

「ステップ1:ロードバランサーの定義」画面で以下のように設定します。

設定が完了したら「セキュリティグループの割り当て」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

 

「ステップ2:セキュリティグループの割り当て」画面で下図のように設定します。

※今回は既存のセキュリティグループを流用しますが、アクセス設定はより細かく絞った方が安全になります。

設定したら「セキュリティ設定の構成」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

 

「ステップ3:セキュリティ設定の構成」画面でセキュリティを向上させるために HTTPS を利用するよう促されますが、今回は TCP/80 での動作検証をするので、そのまま「ヘルスチェックの設定」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

 

 

「ステップ4:ヘルスチェックの設定」画面で下図のように設定を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

「ステップ5:EC2 インスタンスの追加」画面で、インスタンスにチェックを入れて ELB に所属するインスタンスを選択します。

選択をしたら「タグの追加」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

 

「ステップ6:タグの追加」画面で分かりやすいタグを設定して「確認と作成」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

 

「ステップ7:確認」で各種設定内容を確認し「作成」ボタンをクリックします。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

 

 

下図のように「ロードバランサ―を正常に作成しました」のメッセージが表示されることを確認します。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

しばらく経ち、下図のように「ステータス」「InService」に、「正常?」「はい」になれば設定がうまくいっています。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

 

 

 

 

内部から ELB にアクセスをして動作確認する

ここまで設定したら内部から ELB にアクセスをして動作確認をします。

その前に環境を設定します。

Webサーバーにログインをします。

[ec2-user@ip-10-0-2-22 html]$ sudo su -

[root@ip-10-0-2-22 www]# cd html/
[root@ip-10-0-2-22 html]# vi index.html ← テスト用の index.html ファイルを作成します。漢字を含めると文字化けの確認もできます。

テストです。
テスト用サーバー:api01
[root@ip-10-0-2-22 html]#

 

index.html を作成したら「httpd」を再起動します。

[root@ip-10-0-2-22 html]# systemctl restart httpd

 

 

curl コマンドでアクセスをしてみます。

以下のようにレスポンス「200」が返ってくれば成功です。

[ec2-user@ip-10-0-0-11 ~]$ curl -i http://10.0.2.22 
HTTP/1.1 200 OK 
Date: Fri, 04 May 2018 04:13:15 GMT 
Server: Apache/2.4.6 (Red Hat Enterprise Linux) 
Last-Modified: Fri, 04 May 2018 04:05:29 GMT 
ETag: "34-56b596e3de880" 
Accept-Ranges: bytes 
Content-Length: 52 
Content-Type: text/html; charset=UTF-8 
 
テストです。 
テスト用サーバー:api01 
[ec2-user@ip-10-0-0-11 ~]$

 

同様に「api02」にも設定を入れます。

 

 

 

Webサーバーより内部 DNS に対して curl コマンドを実行してみます。

【AWS】EC2でWebサーバーを構築してインターネットに公開する手順【お名前.com購入ドメインをRoute53で名前解決】

 

curl コマンドで内部 DNS にアクセスをすると、api01,api02 が交互にアクセスされていることが分かります。

Last login: Fri May  4 04:06:03 2018 from softbank126072059112.bbtec.net 
[ec2-user@ip-10-0-0-11 ~]$ curl -i internal-Api-Server-ELB-xxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com 
HTTP/1.1 200 OK 
Accept-Ranges: bytes 
Content-Type: text/html; charset=UTF-8 
Date: Fri, 04 May 2018 04:19:05 GMT 
ETag: "34-56b596e3de880" 
Last-Modified: Fri, 04 May 2018 04:05:29 GMT 
Server: Apache/2.4.6 (Red Hat Enterprise Linux) 
Content-Length: 52 
Connection: keep-alive 
 
テストです。 
テスト用サーバー:api01 
[ec2-user@ip-10-0-0-11 ~]$ curl -i internal-Api-Server-ELB-xxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com 
HTTP/1.1 200 OK 
Accept-Ranges: bytes 
Content-Type: text/html; charset=UTF-8 
Date: Fri, 04 May 2018 04:19:10 GMT 
ETag: "34-56b5993b5aef3" 
Last-Modified: Fri, 04 May 2018 04:15:57 GMT 
Server: Apache/2.4.6 (Red Hat Enterprise Linux) 
Content-Length: 52 
Connection: keep-alive 
 
テストです。 
テスト用サーバー:api02 
[ec2-user@ip-10-0-0-11 ~]$ curl -i internal-Api-Server-ELB-xxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com 
HTTP/1.1 200 OK 
Accept-Ranges: bytes 
Content-Type: text/html; charset=UTF-8 
Date: Fri, 04 May 2018 04:19:13 GMT 
ETag: "34-56b5993b5aef3" 
Last-Modified: Fri, 04 May 2018 04:15:57 GMT 
Server: Apache/2.4.6 (Red Hat Enterprise Linux) 
Content-Length: 52 
Connection: keep-alive 
 
テストです。 
テスト用サーバー:api02 
[ec2-user@ip-10-0-0-11 ~]$ curl -i internal-Api-Server-ELB-xxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com 
HTTP/1.1 200 OK 
Accept-Ranges: bytes 
Content-Type: text/html; charset=UTF-8 
Date: Fri, 04 May 2018 04:19:15 GMT 
ETag: "34-56b596e3de880" 
Last-Modified: Fri, 04 May 2018 04:05:29 GMT 
Server: Apache/2.4.6 (Red Hat Enterprise Linux) 
Content-Length: 52 
Connection: keep-alive 
 
テストです。 
テスト用サーバー:api01 
[ec2-user@ip-10-0-0-11 ~]$

 

 

 

下図のようにインターネット経由で ELB の DNS 名にアクセスできれば設定はうまくいっています。

 

 

 

システム一式の料金

以下の AWS の構成でシステムを構築した際の AWS の料金(1~2日間)です。

※正確ではありませんが参考にしてください。

 

EC2 インスタンスを4台構築したので EC2 インスタンスが費用の中心になるだろうとは思っていましたが、意外と「NAT ゲートウェイ」にも費用が掛かっています。

 

 

NATゲートウェイの料金体系

調べたところ、NAT ゲートウェイの料金体系は以下のようになっています。

そのため、利用していなくても以下のように「使用可能(利用可能)」状態であれば課金されていきます。

 

 

下記されないようにするためには「NAT ゲートウェイ」「削除」しかありません。

アクションを開いてみても「NAT ゲートウェイの削除」以外に選択肢がありません。

 

不要になったら削除して再度作り直せばいいので、使わない時は削除することをお勧めします。

必要になっても簡単に作成することができます。

 

 

 

AWSシンプルアイコン

AWSの各オブジェクトを組み合わせてシステムを構築する場合、以下のURLより「AWS シンプルアイコン」を取得して利用すると非常に役に立ちます。

https://aws.amazon.com/jp/architecture/icons/

私の場合は「Microsoft PowerPoint用 PowerPoint用 AWS シンプルアイコン(PPTX)」をダウンロードして利用しています。

下図のようにPowerPointに各種 AWS のアイコンが掲載されているのでコピペで簡単に利用することができます。

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人