AWS Well-Architected(クラウドのフレームワーク)

公開日時:2020年11月29日 / 最終更新日時:2021年01月02日

■AWS Well-Architected フレームワークによるクラウドベストプラクティス(AWS SUMMIT)

https://d1.awsstatic.com/events/jp/2017/summit/slide/D2T1-1.pdf

 

 

AWS Well-Architected の活用方法とレビューの進め方をお伝えしていきたい

20190130 AWS Well-Architectedの活用方法とレビューの進め方をお伝えしていきたい from Amazon Web Services Japan

 

 

 

AWS Well-Architected の 3 つの構成要素

 

 

AWS Well-Architected の 3 つの構成要素

 

 

 

■AWS Well-Architected の 5 つの柱(5 つの設計原則)

 

信頼性(Reliability)について

 

 

パフォーマンス効率(Performance Efficiency)について

 

 

 

■AWS の設計原則

 

 

■セキュリティの7つの原則

  1. 強力なアイデンティティ基盤(認証基盤)の実装
  2. トレーサビリティ(追跡可能性)の実現
  3. 全レイヤーでセキュリティを適用する
  4. セキュリティのベストプラクティスを自動化する
  5. 伝送中および保管中のデータの保護
  6. データに人の手を入れない(データに人を近づけない)
  7. セキュリティイベントに備える(準備する)

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Secured By miniOrange