【AWS】CloudWatch エージェントのサポートOSとバージョン情報(2019年9月16日更新)

CloudWatch エージェントのサポートOSとバージョン情報(2019年9月16日更新)です。

 

例えば、OSをインストールして CloudWatch エージェントを利用してメトリクスの収集をした場合に思うように情報が収集できない場合は、CloudWatch エージェントをサポートしていない OS だったりバージョンだったりする可能性があります。

 

 

■公式サイト

CloudWatch エージェントを使用して Amazon EC2 インスタンスとオンプレミスサーバーからメトリクスとログを収集する

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/monitoring/Install-CloudWatch-Agent.html

 

CloudWatch エージェントは、以下のオペレーティングシステム上の AMD 64 アーキテクチャでサポートされています。

  • Amazon Linux バージョン 2014.03.02 以降

  • Amazon Linux 2

  • Ubuntu Server バージョン 18.04、16.04 および 14.04

  • CentOS バージョン 7.6、7.2、7.0、6.8、および 6.5

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) バージョン 7.6、7.5、7.4、7.2、7.0、および 6.5

  • Debian 8.0

  • SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 12 以降

  • 64 ビットバージョンの Windows Server 2016、Windows Server 2012、Windows Server 2008

エージェントは、以下のオペレーティングシステム上のARM 64 アーキテクチャでサポートされています。

  • Amazon Linux 2

  • Ubuntu Server バージョン 18.04

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) バージョン 7.6

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください