【DNS】「優先 DNS サーバー」と「代替 DNS サーバー」の名前解決の順番について

パソコンのネットワークのプロパティ画面が開くと DNS 設定箇所には下図のように

の2つがあります。

【DNS】優先DNS と 代替DNS の名前解決の順番について

 

今回はこの「優先 DNS サーバー」「代替 DNS サーバー」の名前解決の順番について解説します。

 

 

 

「プライマリサーバー」と「セカンダリサーバー」は別の機能の用語なので明確に分けて使う

何となく「優先 DNS サーバー」「代替 DNS サーバー」「プライマリサーバー」「セカンダリサーバー」を混在して使っている方がいますが、別の機能の用語なので明確に分けて使いましょう。

 

 

一見すると「優先」と「プライマリ」は同じ意味に感じますが英語にしてみると違いが分かります。

 

 

英語の意味を記載します。

 

 

 

「優先 DNS サーバー」と「代替 DNS サーバー」の役割とは

優先 DNS サーバーは「最初に名前解決をする時にクエリする(問い合わせる)」サーバーです。

代替 DNS サーバーは「優先 DNS サーバーと通信ができない場合にクエリする(問い合わせる)」サーバーです。

 

「通信ができない場合」と「レコードがないとの返答が来た場合」の違い

勘違いしやすいのが「通信ができない場合」と「レコードがないとの返答が来た場合」で動作が異なるということです。

 

 

 

参考サイト

ちょっとした疑問:優先DNSと代替DNS設定

https://blog.treedown.net/entry/2018/07/04/010000

 

 

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください