【Linux】nslookup コマンド

nslookup コマンドでよく利用する使い方です。

 

nslookup 構文

nslookup の構文は簡単です。

nslookup の次に調べたいFQDN(tama-chan.comなど)を入力します。

[test@SAKURA_VPS ~]$ nslookup xxxxxx.com

 

 

ネームサーバーを指定して名前解決ができるか確認したい

通常ネームサーバーは「/etc/resolv.conf」に記載されていますが、「/etc/resolv.conf」内のネームサーバーではなく、指定したネームサーバーで名前解決ができるか確認したい場合です。

その場合は以下のように引数を2つ取ります。

[test@SAKURA_VPS ~]$ nslookup prog.xxxxxx.com 8.8.8.8 ← 8.8.8.8(GoogleのパブリックDNSサーバーのIPアドレス)に対して名前解決を投げています。
Server:         8.8.8.8
Address:        8.8.8.8#53

Non-authoritative answer:
Name:   prog.xxxxxxxx.com ← 名前解決ができました。
Address: 1xx.xxx.xxx.xx5  ← 名前解決ができました。

[test@SAKURA_VPS ~]$

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。