【正規表現】エスケープシーケンスが必要なメタ文字(メタキャラ)一覧

文字列の検索を「パターンマッチ(または、パターンマッチング)」と呼びます。

パターンマッチングのために用いるパターン(どんな文字がどう出現するか)のことを「正規表現」と呼びます。

正規表現の中にはメタ文字(メタキャラ)と呼ばれる、パターンマッチの際に特殊な意味を持つ文字を書くことができます。

 

「メタ文字」をプログラムの中で「文字列(リテラル)」として使用したい場合は、「エスケープシーケンス」が必要になります。

 

エスケープシーケンスが必要なメタ文字(メタキャラ)一覧

 

\ ← \\

^ ← \^

$ ← \$

. ← \.

* ← \*

[] ← \[\]

{} ← \{\}

() ← \(\)

 

気が付いた点

エスケープシーケンスが必要ではない文字にエスケープシーケンスを付けてもエラーにならない

【例】

Pythonで「test = 'start "test000" end'」をエスケープシーケンスが必要ないがエスケープシーケンスを入れた場合など

「test = 'start \"test000\" end'」

特にエラーになりません。

 

 

 

【参考サイト】

https://www.computerhope.com/unix/regex-quickref.htm

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。