Ansible の使い方(コマンド&Playbook&設定全般)

このページは Ansible で業務で私がよく利用している「機能」「ノウハウ」「メモ」「疑問点」など気が付いたら随時追加していきます。

 

 

ansible.cfg とは何か?

 

Ansible のデフォルトの動作を設定します。

  • ansible コマンド
  • ansible-playbook コマンド

両方のコマンド実行時に読み込まれます。

 

「ansible」コマンドと「ansible-playbook」コマンドの違い

以下のように「ansible」コマンドは「単発で単純」作業、「ansible-playbook」コマンドは「複雑で繰り返し作業」の場合に利用することが違いでしょうか。

つまり作業内容によって、一番使いやすい方を利用すればいいと思います。

 

  • ansible コマンド
    1行で収まる単純な設定を単発で行いたい場合
    わざわざ yml ファイルに記述するほどの複雑かつ再現性のある作業をしない
  • ansible-playbook コマンド
    複雑な手順(条件分岐など)を YAML 形式の yml ファイルに書いて実行したい
    繰り返し実行したいために yml ファイルに記述して管理したい

 

単純な作業なら必ず「ansible」コマンドを利用しなければいけないということはありません。

単純な作業でも yml ファイルに手順を書いて「ansible-playbook」コマンドで実行した方が運用管理的にいい場合は「ansible-playbook」コマンドを使った方がいいでしょう。

 

 

 

ansible.cfg の優先順位

ansible.cfg ファイルには「優先順位」があります。

「優先度が低い」ansible.cfg ファイルは「優先度が高い」ansible.cfg ファイルに「上書き」されるので注意しましょう。

 

↑ 優先度高い

  • ANSIBLE_CONFIG (環境変数、例:ANSIBLE_CONFIG=/home/test/ansible/ansible.cfg など)
  • ansible.cfg (カレントディレクトリにある ansible.cfg ファイル)
  • .ansible.cfg (ホームディレクトリにある .ansible.cfg ファイル、先頭にドットがついて隠しファイルになっているので注意)
  • /etc/ansible/ansible.cfg

↓ 優先度低い

 

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。