リファラーが「https://socialmediascanner.eset.com」になっている

アクセス解析をする時、リファラーを見てどこからサイトに飛んできたのかを調べます。

大抵は「https://google.co.jp」「http://search.yahoo.co.jp/」が多いですが、たまにリファラーのURLが「https://socialmediascanner.eset.com」の場合があります。

 

「https://socialmediascanner.eset.com」とは一体何のサイト?

試しに「https://socialmediascanner.eset.com」へアクセスをしてみると、URLリダイレクトが機能し「https://socialmediascanner.eset.com/#/profiles」へ飛びます。

以下は、飛んだ先のURL「https://socialmediascanner.eset.com/#/profiles」のページのハードコピーです。

デザインからして怪しそうですが、「https」でのアクセスであり、サーバー証明書があるので確認してみましょう。

 

こうして見ると、証明書の発行元は「thawte」なので問題なさそうです。

thawteとは?

thawteは、ソートと読みます。

Thawte社は、もともと南アフリカの会社でした。

南アフリカの会社と聞くとあやしいですが、その後ベリサインに買収され、そのベリサインはシマンテックに買収されました。

そのため、Thawte社は現在シマンテック傘下に入っています。

だから信用度としては問題はなさそうです。

以下、Thawte社のサイトです。

https://www.thawte.co.jp/index.html

 

 

ただ、Thawte社のサイトを閲覧してみると、申し訳ないですが若干怪しいです。

eset.comとは?

eset.comにアクセスすると、以下の日本語のサイトに移動できます。

https://www.eset.com/jp/

「ESET」とは、アンチウィルスソフトです。

ESETという会社が開発したアンチウィルスソフトです。

「ESET」という名前は日本ではあまり聞かないかもしれませんが、世界的に有名で日本ではキャノンITソリューションズ株式会社が取り扱っています。

 

私はESETを利用していますが、使ってみて一番強いと思った部分はウィルス感染したパソコンからウィルスを駆除する機能です。

アンチウィルスソフトにも一長一短があり、そもそもウィルス感染しないようにブロックすることに特化したソフト、仮にウィルス感染をした場合にスキャンで根こそぎウィルスを駆除することに特化したソフトなどありますが、ESETはウィルス感染したパソコンから根こそぎウィルスを駆除することに特化したアンチウィルスソフトです。

 

ESET パーソナル セキュリティ 公式サイト
http://www.eset-smart-security.jp/go/99969/epsp1/

 

ここまで調べていて、ESETはFacebookを監視していることが分かりました。

ESETは、Facebookを監視しているソーシャルメディアスキャナだった

ESETは2014年12月にFacebookとパートナーシップを締結しました。

その結果、すべてのFacebookユーザーを監視・保護しているようです。

さらにTwitterとも協力をしているようでTwitterユーザーも監視・保護しているようです。

 

http://support.eset.com/kb3197/?locale=en_US

 

上記英語のサイトをGoogleで翻訳しました。

ESETソーシャルメディアスキャナとは何ですか?

ESET Social Media Scannerは、Twitter経由で配布される悪質なコンテンツからあなたを守るために設計されたESETウイルス対策製品とは独立したアプリケーションです。

ESET Social Media Scannerは新しいソーシャルメディアコンテンツを監視し、悪質なコードを探します。

たとえば、投稿やTwitterでフォローしているリンクやメディアを含むウォールポストなどです。

どのように機能するのですか?

ESET Social Media ScannerはあなたのTwitterアカウントを監視します。

悪質なコードがESET Social Media Scannerによって検出されると、スキャナからのメッセージまたは電子メールで警告されます。

さらに、ESETソーシャルメディアスキャナは、あなたや他のユーザーに悪質なコードが含まれていることが判明したメディアを避けるよう警告するコメントを投稿して、悪質なコンテンツを呼び出すように設定できます。

使用可能な設定と機能の一覧を次に示します

  • 自動スキャン
  • 電子メール通知
  • 脅威が検出されたときにスキャンレポートを送信する
  • オンデマンドスキャン後にスキャンレポートを送信する
  • 危険な投稿の作者に警告する
  • Tweetスキャン結果

ESET Social Media Scannerをダウンロードしてインストールするにはどうすればよいですか?

Twitter用ESET Social Media Scannerのインストールと設定の手順については、次のKnowledgebase記事を参照してください。

Twitter用ESET Social Media Scannerのインストールまたは削除

ESET Smart SecurityまたはESET NOD32 Antivirusがインストールされている場合は、ESET製品のメインプログラムウィンドウを開き、[ESET Social Media Scanner]リンクをクリックして、ソーシャルメディアスキャナのダウンロードページにアクセスします。

ESET Social Media Scannerをアンインストールするにはどうすればよいですか?

Twitter用のESET Social Media Scannerをアンインストールする方法については、次のKnowledgebaseの記事を参照してください。

Twitter用ESET Social Media Scannerのインストールまたは削除。

ESET Social Media Scannerを使用するには有効なESETライセンスが必要ですか?

いいえ、ESETソーシャルメディアスキャナはライセンスを必要としません。

ESET Social Media Scannerの料金はいくらですか?

ESETソーシャルメディアスキャナは無料です。

ソーシャルメディアプロファイルでESETソーシャルメディアスキャナを使用する権限を与えるよう依頼されているのはなぜですか?

多くのソーシャルネットワークでは、プロフィールでのアプリの使用を許可する必要があります。

ESET Social Media Scannerに、正しく機能するための許可を与える必要があります。

ESET Social Media Scannerのユーザーガイドがありますか?

ソーシャルメディアスキャナの使用方法の詳細については、オンラインヘルプページをご覧ください。

ESETソーシャルメディアスキャナーはどうなったのですか?

ESETは2014年12月にFacebookとのパートナーシップを発表しました。

その結果、すべてのFacebookユーザーをより統合的な方法で保護します。

詳細については、ESET Knowledgebaseのこの記事を参照してください。

FacebookでESETを使用してコンピュータをスキャンする必要があるのはなぜですか?

Facebookは、あなたのFacebookアカウントにログインしたときに自動的にコンピュータのスキャンを促す「Malware Checkpoint」機能を実装しています。

詳細については、ESET Knowledgebaseのこの記事を参照してください。

まとめ

リファラーに「https://socialmediascanner.eset.com」がある原因が分かりました。

ESETがTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアと協力をしていて、ソーシャルメディアをスキャンしていることからリファラーとして表示されてしまうようです。

最初は何のことやら分からなくて、サーバーがウィルス感染しているとかいろいろ調査しましたが、ソーシャルメディアスキャンの影響であることが分かって安心しました。

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。