用語集(AWS 認定試験で出てくる IT 用語)

公開日時:2021年01月09日 / 最終更新日時:2021年12月15日

■AWS 認定試験で出てくる用語集

 

ID ブローカー(Identity Broker)

複数のサービスプロバイダーを異なる ID プロバイダーに接続する中間サービスです。

ブローカー(Broker)という名前の通り、中間に立って媒介の役割を果たします。

 

 

ID プロバイダー(IdP)

ID プロバイダーとは、ユーザーの認証に使用される Facebook、Google、または Twitter などのソーシャルプロバイダーを言います。

ID プロバイダーは以下のプロトコルを使用しています。

 

SaaS(Software as a Service)

ソフトウェアをクライアント側のパソコンにインストールするのではなく、サービス提供者のサーバ側にインストールしてサービスだけ提供する形になります。

クリックストリーム(click stream

クリックストリームとは、マウスのクリックを分析する、つまりサイトの閲覧者がサイト内をどのようにクリックしているのかの流れのことを言います。

 

スループット(throughput

単位時間当たりの処理能力やデータ転送量のことを言います。

単位は bps を使います。

バックエンド

バックエンドとはサーバ側(Webサーバ、DB等)のことを言います。

フェッチする

データを取りに行くこと、データを取ってくることを言います。

 

フロントエンド

Web サービスでユーザーがアクセスする部分を言います。Web 画面上でボタンをクリックしたり、文字を入力したりする部分です。

 

ラウンドトリップタイム(RTT)

通信相手に発信してから応答が返ってくるまでの時間を言います。

リファクタリング

リファクタリングとはソフトウェアの動作は変わらないが、ソースコードを改修することを言います。

 

ロールアウト(roll out)

ユーザに新サービスを公開し運用を開始することを言います。

ワークフロー

業務に関する一連のやり取りのことを言います。例えば、機器を購入する際に課長の印鑑と部長の印鑑が必要になる等。

ワークロード(workload)

仕事量。作業量。コンピュータリソース(CPU、メモリ、ネットワーク等)の使用状況。

監査(かんさ)

システムを客観的に見て評価をすること。

目標復旧時間(RTO、Recovery Time Objective)

障害発生後にシステムが復元されるべき目標期間を表します。

例えば RTO が4時間なら、12時に障害が発生した場合、16時までに復旧させる必要があります。

 

 

 

 

 

目標復旧時点(RPO、Recovery Point Objective)

障害が発生した場合、どれくらい前までのデータが失われてしまうかを表します。

例えば、RPOが30分の場合は、直近30分以内に更新されたデータは失われることになります。

逆言えば RPO が30分の場合は、10分ごとにバックアップを取得していればRTOが30分でも十分運用できます。

ただし RTO が短いと運用がかなり大変になります。コストもかかります。

【例】

AWS 認定試験の勉強方法

AWS 認定試験についは、Udemy を利用して飽きずに楽しく勉強しています。世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

■Udemy のメリット大量に問題があるので、飽きずに楽しく勉強ができます。私の場合はテキストを読んで勉強することが非常に苦手ですぐに飽きてしまします。しかし Udemy の大量の模擬試験問題集を解き、解答を確認して、不明な点は AWS の公式サイトを確認して学習しているので、集中して学習を続けることができます。とにかく大量の問題を解くことが私にとって学習を続けられる唯一の方法のような気がします。

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Secured By miniOrange