AWS CloudFormation

公開日時:2020年12月31日 / 最終更新日時:2021年08月19日

■AWS CloudFormation の特徴

 

CloudFormation はリソースのプロビジョニングには適しているがサーバレスのプロビジョニングには適していない

CloudFormation はリソースのプロビジョニングには適しているがサーバレスアプリケーション(Lmabda、API Gateway、DynamoDB 等)のプロビジョニングには適していません。

サーバーレスアプリケーションのプロビジョニングには AWS SAM(AWS Serverless Application Model、サーバレスアプリケーションモデル)を利用します。

 

 

デフォルトではスタックを削除するとリソースも削除されるので注意

CloudFormation のデフォルト設定ではスタックを削除すると、スタックによって構築されたリソース(VPC、サブネット、EC2インスタンス、RDS等)も削除されます。

 

 

 

DeletionPolicy 属性を使用するとスタックが削除されてもリソースを保持またはバックアップができる

DeletionPolicy 属性を使用すると、スタックが削除された際にリソースを保持または (場合によっては) バックアップできます。

制御する各リソースに対して DeletionPolicy 属性を指定できます。

DeletionPolicy 属性が設定されていない場合、スタックを削除するとデフォルトでリソースが削除されます。

 

■DeletionPolicy 属性の種類

 

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Secured By miniOrange