【Linux】less コマンド

less コマンドの便利な使い方を紹介します。

私は閲覧だけなら「vi」コマンドを使わずに「less」コマンドを使います。

編集する必要が出た時だけ「less」から「vi」に切り替えて編集をするようにしています。

そうすることで誤って右クリックによるファイル破壊を防ぐことができます。

 

 

less で行番号を表示する

-N オプションを付けます。

[root@cent07 etc]# less -N /etc/profile

 

以下のように行番号付きで表示されます。

      1 # /etc/profile
      2
      3 # System wide environment and startup programs, for login setup
      4 # Functions and aliases go in /etc/bashrc
      5
      6 # It's NOT a good idea to change this file unless you know what you
      7 # are doing. It's much better to create a custom.sh shell script in
      8 # /etc/profile.d/ to make custom changes to your environment, as this
      9 # will prevent the need for merging in future updates.
     10
     11 pathmunge () {
     12     case ":${PATH}:" in
     13         *:"$1":*)
     14             ;;
     15         *)
     16             if [ "$2" = "after" ] ; then
     17                 PATH=$PATH:$1
     18             else
     19                 PATH=$1:$PATH
     20             fi
     21     esac
     22 }
     23
     24
     25 if [ -x /usr/bin/id ]; then
     26     if [ -z "$EUID" ]; then
     27         # ksh workaround
     28         EUID=`/usr/bin/id -u`
     29         UID=`/usr/bin/id -ru`
     30     fi
     31     USER="`/usr/bin/id -un`"
     32     LOGNAME=$USER
     33     MAIL="/var/spool/mail/$USER"
     34 fi

 

 

目的の行に移動する方法

5行目とか10行目なら簡単に移動できますが、100行目や200行目に移動するとなるとスクロールをするのに手間が掛かります。

 

そんな時は一旦「Esc」から「:」を押下して「コマンドラインモード」に切り替えます。

そして目的の行数を入力して「g」を押下します。

 

lessコマンド

 

 

 

lessコマンド

 

 

目的の行に移動できました。

 

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人