【Linux】【CentOS】ホスト名とFQDN名とドメイン名の設定方法と表示方法

 

CentOS7になって若干複雑になりましたので整理します。

 

構成

以下の構成で考えます。

  • ホスト名 : cent07
  • FQDN名 : cent07.localdomain
  • ドメイン名 : localdomain

hostname -f コマンドでも「ホスト名」しか出てこない

/etc/hosts ファイルの内容です。

[root@cent07 ~]# cat /etc/hosts
127.0.0.1   localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
::1         localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6

 

192.168.1.12    cent07  cent07.localdomain ← この順番で値を設定しています。

 

上記の「/etc/hosts」「hostname -f」コマンドを実行します。

「/etc/hosts」から値を引っ張っているだけです。

[root@cent07 ~]# hostname -f
cent07 ← 最初の値を表示しています。
[root@cent07 ~]#

 

 

検証のため「/etc/hosts」ファイルを変更します。

変更後に「hostname -f」コマンドを実行してみます。

[root@cent07 ~]# cat /etc/hosts
127.0.0.1   localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
::1         localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6

192.168.1.12    cent07.localdomain ← 「cent07」を削除して「cent07.localdomain」を先頭に持ってきました。

[root@cent07 ~]# hostname -f
cent07.localdomain ← 最初の値(1つしかありませんが)が表示されました。

 

 

hostname コマンドとは?

hostname コマンドは「ホスト名」「ドメイン名」「ノード名」を表示させるコマンドです。

 

  • ホスト名 : hostname
  • ドメイン名 : hostname -d
  • ノード名 : hostname -n
  • FQDN名 : hostname -f

 

hostname のマニュアルでは以下の記述がある。

  -f, --fqdn, --long
FQDN (Fully Qualiifed Domain Name) を表示する。

FQDN は短い形式のホスト名と DNS ドメイン名からなる。

bind または NIS をホスト名の検索に用いていない場合は FQDN と DNS ドメイン名 (FQDN の一部) を /etc/hosts ファイルで変更することもできる。

 

「bind または NIS をホスト名の検索に用いていない場合は FQDN と DNS ドメイン名 (FQDN の一部) を /etc/hosts ファイルで変更することもできる。」とあります。

今回の環境では bind や NIS を利用していないため「/etc/hosts」が利用されたようです。

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。