Amazon Kinesis Data Streams

公開日時:2021年05月22日 / 最終更新日時:2021年08月15日

■Amazon Kinesis Data Streams の特徴

※ストリーム(ストリーミングデータ) ← 数千ものデータソースによって継続的に生成されるデータです。通常は、小さなサイズ (キロバイト単位) で同時にデータレコードが送信されます。

 

 

Amazon Kinesis Data Streams の使いどころについて

Kinesis Data Streams はストリームのデータレコードを記録・処理するためのサービスでデータ分析まではできません。

Amazon Kinesis Data Streamsによって処理されたレコードは、さまざまなAWSサービスへのデータ送信に使用できます。

 

分析方法

KCLワーカー ← アプリケーション側に KCLワーカーを組み込んで分析できます。

Amazon Kinesis Data Analytics ← ストリーミングデータの分析に利用できます。

Amazon Kinesis Client Library(KCL)を使用してアプリケーションを開発して分析ができます。

 

 

 

Kinesis Client Library(Kinesis クライアントライブラリ、KCL)でデータを処理する

Kinesis Data Streams(データストリーム)からデータを処理できるカスタムコンシューマーアプリケーションを開発する方法の 1 つは、Kinesis クライアントライブラリ (KCL) を使用する方法です。

 

 

Kinesis エージェント

Kinesis エージェントはスタンドアロンの Java ソフトウェアアプリケーションで、データを収集して Kinesis Data Streams に送信する方法を提供するだけで分析をするわけではありません。

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Secured By miniOrange