Amazon S3

■S3 の特徴

 

 

■可用性と耐久性の違い

 

 

 

■S3 の評価指標について

 

 

 

 

■S3 ストレージクラスの種類

 

 

 

 

 

S3には低冗長化のオプションもあります。

■Amazon S3 低冗長化ストレージ(S3 RRS)

 

 

 

 

■S3 各ストレージクラスの可用性と耐久性

※意外なことに低冗長化ストレージよりも S3 1 ゾーン-IA の方が可能性が低い為、注意

 

 

■S3 Glacier の耐久性

 

 

■データのアクセス時間

 

 

■S3 バケットの命名要件

  • バケット名は 3 ~ 63 文字の長さで、小文字、数字、ピリオド、ダッシュのみを使用できます。
  • バケット名は小文字または数字で始まっている必要があります。
  • バケット名では、アンダースコア、末尾のダッシュ、連続するピリオド、隣接するピリオドとダッシュは使用できません。
  • バケット名を IP アドレス (198.51.100.24) として書式設定することはできません。
  • S3 ではバケットをパブリックにアクセス可能な URL として使用できるので、グローバルに一意なバケット名にする必要があります。

 

■S3 へのアクセス権限の設定方法

※バケットポリシーと IAM ポリシーは同じようにアクセス権限が設定できますが、視点というか観点が異なっています。全部バケットポリシーで行く、全部 IAM ポリシーで行くといったような統一化もできますが、逆に管理が大変になると思いますので視点や観点で使い方を分けた方がいいと思います。

 

 

■オブジェクトデータのバージョニング

 

 

 

■暗号化方式

 

■S3 の料金が決定する要素

 

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください