【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

Resource Groups(リソースグループ)について解説します。

リソースグループを使いこなすことにより、EC2 インスタンスなどのオブジェクトに対して柔軟で複雑な一括処理が可能になります。

 

 

 

 

リソースグループ(AWS Resource Groups)のメリット

 

リソースグループにアクセスする方法

以下の方法でリソースグループにアクセスすることができます。

 

 

 

事前準備

事前に検証用の EC2 インスタンスに以下のようにタグを設定しておきます。

 

対象の EC2 インスタンスを選択し「タグ」タブをクリックします。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

 

「タグの追加/編集」ボタンをクリックします。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

「タグの作成」ボタンをクリックします。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

下図のようにタグを追加して「保存」ボタンをクリックします。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

下図のようにタグが追加されていることを確認します。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

リソースグループへのアクセスは 2 つの方法がある

リソースグループへのアクセスは 2 つの方法があります。

 

 

■ AWS Systems Manager ダッシュボードよりアクセスする手順

「AWS Systems Manager」のダッシュボードより左側ペインの「Resource Groups」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

■ AWS のメニューよりアクセスする手順

上のメニューより「リソースグループ」をクリックします。

 

 

 

 

「グループを保存しました」をクリックします。

 

 

 

 

リソースグループを設定する

リソースグループを作成します。

 

「AWS Systems Manager」ダッシュボードより左側ペインの「リソースグループ」をクリックします。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

「リソースグループの作成」ボタンをクリックします。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

 

「クエリベースのグループの作成」画面で以下のように設定します。

Group type ← 「タグベース」を選択します。

リソースタイプ ← 「AWS::EC2::Instance」を選択します。

タグ ← タグキーに「ENV」、オプションのタグ値に「TEST」を入力し「追加」ボタンをクリックします。

 

 

 

下にスクロールし、更に以下のように設定します。

設定が完了したら「グループの作成」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 

 

下図のようにリソースグループが正常に作成されたことを確認します。

 

 

 

 

リソースグループの動作確認

作成したリソースグループを実際に使って動作確認をしてみます。

 

「AWS Systems Manager」ダッシュボードより左側ペインの「ランコマンド」をクリックします。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

 

「コマンドを実行」ボタンをクリックします。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

 

 

 

 

「コマンドの実行」画面に移動したら「コマンドのドキュメント」「AWS-RunShellScript」を選択します。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

 

 

「ドキュメントのバージョン」「ランタイムのデフォルトバージョン」に設定します。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

 

コマンドのパラメータにコマンドを入力します。

下図は例として「touch /tmp/test_file_2019.txt」を入力しています。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

 

「ターゲット」「Choose a resource grpup」を選択し「Resource group」に先ほど作成した「TESTGROUP」を選択します。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

「その他のパラメータ」及び「レートの制御」で必要な場合は設定をします。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

 

「出力オプション」「SNS 通知」「AWS コマンドラインインターフェイスコマンド」で必要な場合は設定し「実行」ボタンをクリックします。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

 

下図のように「ステータス」「成功」になることを確認します。

【AWS】Resource Groups(リソースグループ)について解説

 

 

 

 

ログインして確認します。

[ec2-user@RedHat8 ~]$ cd /tmp/ 
[ec2-user@RedHat8 tmp]$ ls 
pip-7omztmog-uninstall                                                   test_file_2019.txt 
systemd-private-24b5bd788d344cf9a77d149d7cc57592-chronyd.service-GpQfBU 
[ec2-user@RedHat8 tmp]$

 

 

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください