【Veritas】NetBackup 構成についての解説および NetBackup 日本語マニュアル

Veritas NetBackup の構成について解説します。

NetBackup は単純なバックアップツールではなく、様々なコンポーネントで構成され巨大なバックアップソリューションになっているため、直感的には分かりにくいツールになっています。

 

NetBackup 8.0 のインストール手順は以下の記事を参考にしてください。

 

【Veritas NetBackup 8.0】NetBackup インストール手順

 

 

NetBackup 管理画面の日本語化パッチ適用手順は以下を参考にしてください。

 

【Veritas NetBackup 8.0】NetBackup管理画面への日本語化パッチ適用手順

 

 

 

Veritas NetBackup の構成

Veritas NetBackup は以下のようにクライアント/サーバー構成となっています。

 

サーバーソフトウェアの構成(マスターサーバー、メディアサーバー)

サーバーソフトウェアは以下の2つのサーバーで構成されています。

 

■マスターサーバー

バックアップ、アーカイブおよびリストアが管理されます。

マスターサーバーで構成したバックアップポリシーによって、バックアップするコンピュータ (クライアント) やファイルが決まります。

また、NetBackup で使用されるメディアやデバイスを選択します。

マスターサーバーに NetBackup カタログが格納されます。

このカタログには、NetBackup バックアップおよび構成の情報を含む内部データベースが含まれます。

 

■ メディアサーバー

メディアサーバーに接続されているストレージデバイスを NetBackup で使用可能にすることによって、追加のストレージが提供されます。

→つまり、現在のマスターサーバー上でバックアップデバイスの容量が問題なく、負荷も問題なければ、メディアサーバーを追加する必要はありません。

また、メディアサーバーを使用すると、ネットワークの負荷を分散させることによってパフォーマンスを向上できます。

メディアサーバーは、デバイスホストとも呼ばれます。

 

クライアントソフトウェア

クライアントソフトウェアは、バックアップを行うデータが存在するコンピュータにインストールします。

(また、クライアントソフトウェアはサーバーにも含まれており、サーバーのバックアップを行うことができます。)

 

 

 

NetBackup 日本語 製品マニュアル

NEC が日本語の製品マニュアルを提供しています。

 

NetBackup - 製品マニュアル

https://jpn.nec.com/backup/netbackup/nbu_manual.html

 

しかも下図のように各バージョンが含まれています。

【Veritas】NetBackup 構成についての解説および NetBackup 日本語マニュアル

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください