【Zabbix 3.4】再度セットアップ(初期構築)し直したい場合の手順【zabbix.conf.php】

一度Zabbixをインストールをして設定をしたが、再度Zabbixを再設定したい場合があります。

  • MySQL Serverのログインパスワードを忘れてしまった
  • しばらくZabbixにログインをしていなくて、久しぶりにZabbixにログインをした際に下図のようにエラーになる
  • 今までのデータを真っ新にして初期状態にしたい

 

「Database error

Error connecting to database: Access denied for user 'zabbix@localhost'(using password: YES)」

【Zabbix】再度セットアップ(初期構築)し直したい場合の手順【zabbix.conf.php】

 

とにかく既にZabbixをインストールしていて、Zabbixを使える、使えない関わらず再度セットアップ(初期構築)をして真っ新な状態にしたい場合です。

※今回は Zabbix 3.4 の環境です。

 

 

 

Zabbixを初期状態に戻して再度初期構築をする手順

以下の手順で行います。

  1. MySQL Server パスワードの再設定
  2. zabbix データベースの削除
  3. zabbix データベースの作成
  4. Zabbix の再セットアップ
  5. 動作確認

 

 

MySQL Server パスワードの再設定

初めに、MySQL Server のログインパスワードを忘れた、紛失した想定で説明します。

再度 MySQL Server のログインパスワードを設定する手順は以下を参考にしてください。

 

 

【MySQL 5.7】パスワードを忘れてしまった時のパスワード再設定手順(復旧手順)

 

 

zabbix データベースの削除

上記手順で MySQL Server にログインできる前提で説明を続けます。

 

MySQL Server にログインします。

[root@cent07 ~]# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 13
Server version: 5.7.19 MySQL Community Server (GPL)

Copyright (c) 2000, 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql>

 

 

zabbixデータベースを削除します。

mysql> drop database zabbix;
Query OK, 140 rows affected (1.34 sec)

 

 

 

zabbix データベースの作成

真っ新な状態の zabbix データベースを新規作成します。

mysql> create database zabbix character set utf8;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

 

zabbixデータベースへの権限割り当て

zabbixデータベースを作成したら、zabbixアカウントに権限を割り当てます。

mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'xxxxxxxxxxxx'; ← zabbixアカウントに zabbix データベースの権限を割り当てます。また、xxxxxxxxにパスワードを設定します。
Query OK, 0 rows affected, 1 warning (0.00 sec)

 

 

設定を反映します。

mysql> FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 0 rows affected (0.04 sec)

 

mysql> quit;
Bye

 

 

Zabbix の初期化

ここから Zabbxi を再セットアップします。

 

zabbixデータベースを初期化します。

[root@cent07 ~]# cat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.4.1/create.sql | mysql -uroot -p zabbix
Enter password: 

 

 

Zabbixの Web 管理ページへのログインの初期化

Zabbix の Web 管理ページへのログイン出来ない場合は、管理ページへのログイン設定を初期化します。

※特に設定を変えない、もしくはログインパスワードは分かっていて変更しない場合は、ここの手順をスキップします。

 

設定ファイルは「/etc/zabbix/web/zabbix.conf.php」です。

[root@cent07 zabbix]# cd /etc/zabbix/web/ ← ディレクトリを移動します。
[root@cent07 web]# ls
maintenance.inc.php  zabbix.conf.php
[root@cent07 web]# vi zabbix.conf.php ← 「zabbix.conf.php」ファイルを修正します。
// Zabbix GUI configuration file.
global $DB;

$DB['TYPE']     = 'MYSQL';
$DB['SERVER']   = 'localhost';
$DB['PORT']     = '0';
$DB['DATABASE'] = 'zabbix';
$DB['USER']     = 'zabbix';
$DB['PASSWORD'] = 'xxxxxxxxxx'; ← ログインパスワードを修正します。

// Schema name. Used for IBM DB2 and PostgreSQL.
$DB['SCHEMA'] = '';

$ZBX_SERVER      = 'localhost';
$ZBX_SERVER_PORT = '10051';
$ZBX_SERVER_NAME = 'cent07';

$IMAGE_FORMAT_DEFAULT = IMAGE_FORMAT_PNG;

 

 

設定が完了したら Zabbix Server を再起動します。

[root@cent07 ~]# systemctl restart zabbix-server
[root@cent07 ~]# systemctl status zabbix-server
● zabbix-server.service - Zabbix Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/zabbix-server.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 月 2017-10-23 19:55:32 JST; 8min ago
  Process: 904 ExecStart=/usr/sbin/zabbix_server -c $CONFFILE (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 982 (zabbix_server)
   CGroup: /system.slice/zabbix-server.service
           tq 982 /usr/sbin/zabbix_server -c /etc/zabbix/zabbix_server.conf
           tq1088 /usr/sbin/zabbix_server: configuration syncer [synced configuration in 0.009980 sec...
           tq1089 /usr/sbin/zabbix_server: alerter #1 started
           tq1090 /usr/sbin/zabbix_server: alerter #2 started
           tq1091 /usr/sbin/zabbix_server: alerter #3 started
           tq1092 /usr/sbin/zabbix_server: housekeeper [startup idle for 30 minutes]
           tq1093 /usr/sbin/zabbix_server: timer #1 [processed 0 triggers, 0 events in 0.000021 sec, ...
           tq1094 /usr/sbin/zabbix_server: http poller #1 [got 0 values in 0.001020 sec, idle 5 sec]
           tq1095 /usr/sbin/zabbix_server: discoverer #1 [processed 0 rules in 0.000000 sec, performi...
           tq1096 /usr/sbin/zabbix_server: history syncer #1 [synced 0 items in 0.000002 sec, idle 1 ...
           tq1097 /usr/sbin/zabbix_server: history syncer #2 [synced 0 items in 0.000003 sec, idle 1 ...
           tq1098 /usr/sbin/zabbix_server: history syncer #3 [synced 0 items in 0.000002 sec, idle 1 ...
           tq1099 /usr/sbin/zabbix_server: history syncer #4 [synced 0 items in 0.000002 sec, idle 1 ...
           tq1100 /usr/sbin/zabbix_server: escalator #1 [processed 0 escalations in 0.000811 sec, idl...
           tq1101 /usr/sbin/zabbix_server: proxy poller #1 [exchanged data with 0 proxies in 0.000005...
           tq1102 /usr/sbin/zabbix_server: self-monitoring [processed data in 0.000006 sec, idle 1 se...
           tq1103 /usr/sbin/zabbix_server: vmware collector #1 [updated 0, removed 0 VMware services ...
           tq1104 /usr/sbin/zabbix_server: task manager [processed 0 task(s) in 0.000503 sec, idle 5 ...
           tq1105 /usr/sbin/zabbix_server: poller #1 [got 0 values in 0.000009 sec, idle 5 sec]
           tq1106 /usr/sbin/zabbix_server: poller #2 [got 0 values in 0.000008 sec, idle 5 sec]
           tq1107 /usr/sbin/zabbix_server: poller #3 [got 0 values in 0.000006 sec, idle 5 sec]
           tq1108 /usr/sbin/zabbix_server: poller #4 [got 0 values in 0.000003 sec, idle 5 sec]
           tq1109 /usr/sbin/zabbix_server: poller #5 [got 0 values in 0.000008 sec, idle 5 sec]
           tq1110 /usr/sbin/zabbix_server: unreachable poller #1 [got 0 values in 0.000008 sec, idle ...
           tq1111 /usr/sbin/zabbix_server: trapper #1 [processed data in 0.000000 sec, waiting for co...
           tq1112 /usr/sbin/zabbix_server: trapper #2 [processed data in 0.000000 sec, waiting for co...
           tq1113 /usr/sbin/zabbix_server: trapper #3 [processed data in 0.000423 sec, waiting for co...
           tq1114 /usr/sbin/zabbix_server: trapper #4 [processed data in 0.044670 sec, waiting for co...
           tq1115 /usr/sbin/zabbix_server: trapper #5 [processed data in 0.152084 sec, waiting for co...
           tq1116 /usr/sbin/zabbix_server: icmp pinger #1 [got 0 values in 0.000004 sec, idle 5 sec]
           tq1117 /usr/sbin/zabbix_server: alert manager #1 [sent 0, failed 0 alerts, idle 5.007170 s...
           tq1118 /usr/sbin/zabbix_server: preprocessing manager #1 [queued 0, processed 0 values, id...
           tq1119 /usr/sbin/zabbix_server: preprocessing worker #1 started
           tq1127 /usr/sbin/zabbix_server: preprocessing worker #2 started
           mq1128 /usr/sbin/zabbix_server: preprocessing worker #3 started

10月 23 19:55:26 cent07.localdomain systemd[1]: Starting Zabbix Server...
10月 23 19:55:32 cent07.localdomain systemd[1]: zabbix-server.service: Supervising process 982 wh...ts.
10月 23 19:55:32 cent07.localdomain systemd[1]: Started Zabbix Server.
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.
[root@cent07 ~]# 

 

 

 

Zabbix 再セットアップ

最後に Web 上より Zabbix の再セットアップを行います。

 

ブラウザを起動し「URL」欄に「http://IPアドレス/zabbix/setup.php」と入力して Enter キーを押下します。

以下の画面が表示されることを確認します。

「Next step」ボタンをクリックします。

 

「Check of pre-requisites」画面が表示されるでの PHP の構成に問題がないか確認し「Next step」ボタンをクリックします。

問題がある場合は「NG」と表示されるのでバージョンが「Required」より低いか確認し、低い場合はバージョンアップをするなどして対応します。

【Zabbix】再度セットアップ(初期構築)し直したい場合の手順【zabbix.conf.php】

 

 

データベースの設定画面で zabbix データベースの設定を入力します。

設定を入れたら「Next step」ボタンをクリックします。

【Zabbix】再度セットアップ(初期構築)し直したい場合の手順【zabbix.conf.php】

 

 

Zabbixサーバーの「ホスト名」もしくは「IPアドレス」を入力します。

画像では「localhost」と入力しています。

設定を入れたら「Next step」ボタンをクリックします。

【Zabbix】再度セットアップ(初期構築)し直したい場合の手順【zabbix.conf.php】

 

 

 

最後に設定を確認します。

設定内容に問題がなければ「Next step」ボタンをクリックします。

【Zabbix】再度セットアップ(初期構築)し直したい場合の手順【zabbix.conf.php】

 

 

 

「Congratulations! You have successfully installed Zabbix frontend.」画面が表示されたら「Finish」ボタンをクリックします。

【Zabbix】再度セットアップ(初期構築)し直したい場合の手順【zabbix.conf.php】

 

 

 

真っ新な状態の Zabbix Server にログインできることを確認します。

【Zabbix】再度セットアップ(初期構築)し直したい場合の手順【zabbix.conf.php】

 

まとめ

Zabbixを再セットアップする場合は過去の情報が残り、その情報が邪魔をするかもしれませんが、1つ1つ設定をしていけばキレイな状態にセットアップができるはずです。

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。