AWS STS(Security Token Service)

公開日時:2021年05月16日 / 最終更新日時:2021年05月16日

■AWS STS(Security Token Service)の特徴

 

AWS STS が分からなさすぎるので Balck Belt で STS が出てくる資料を抽出しました。

理解度が増すとか新しい気づきがあるかもしれません。

AWS STS(Security Token Service)

 

 

 

 

 

 

 

 

AWS STS(Security Token Service)

 

 

 

AWS STS(Security Token Service)

 

STSが利用できる API Action です。

AssumeRole は設定したことはありますが、他にも4つ API があります。

AWS STS(Security Token Service)

 

 

 

 

AWS STS(Security Token Service)

 

 

 

AWS STS(Security Token Service)

 

 

AWS STS(Security Token Service)

 

 

 

AWS CloudTrail

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください