【Linux】umount コマンド

umount コマンドは、マウントを解除する(アンマウントする)コマンドです。

umount コマンドの引数は、「デバイス側」でも「マウントポイント側」でも指定できます。

 

[root@backup ~]# df -h 
Filesystem                   Size  Used Avail Use% Mounted on 
/dev/mapper/vg_bkup-lv_root   50G  5.9G   42G  13% / 
tmpfs                        923M     0  923M   0% /dev/shm 
/dev/sda1                    477M  149M  303M  33% /boot 
/dev/mapper/vg_bkup-lv_home   46G  336M   43G   1% /home 
192.168.0.71:/Log            1.0T  451G  632G  25% /mnt/test1 
192.168.0.145:/nfs-test      80G    10G   70G   0% /mnt/test2 

 

 

 

■マウントポイントを指定してアンマウントをする

[root@backup ~]# umount /mnt/test1 ← マウントポイントを指定しています。

 

 

■デバイス(Filesystem)を指定してアンマウントをする

[root@backup ~]# umount 192.168.0.71:/Log ← デバイス(Filesystem)を指定しています。 

 

 

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください