【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

Amazon SQS(Simple Queue Service)の設定及び使用手順について解説します。

 

 

Amazon SQS(Simple Queue Service)とは

Amazon SQS は高い可用性と信頼性のある分散システムです。

AWS 管理画面にログインすると分かりますが、サービスのカテゴリ的には「アプリケーション結合」に配置されています。

 

 

疎結合(そけつごう)とは

 

 

Amazon SQS(Simple Queue Service)のキューの作成

Amazon SQS(Simple Queue Service)のキューの作成をしますが、その前に簡単に設計をします。

 

Amazon SQS(Simple Queue Service)のキューの設計

 

Amazon SQS(Simple Queue Service)のキュー(FIFO)の作成手順

AWS 管理コンソールにログインし、上のメニューより「サービス」「アプリケーション結合」「Simple Queue Service」をクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

 

「今すぐ始める」ボタンをクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

 

「キュー名」に新規作成するキューの名前を入れます。

この時に、拡張子に「.fifo」のサフィックスを付けないと下図のように警告(FIFO キューの名前は .fifo のサフィックスで終わる必要があります。)が表示されます。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

※サフィックス(suffix)とは、”接尾辞”という意味です。簡単に言うと、何らかの文字列の最後に位置する文字列を指します。たとえば、Uploadtest.exe ファイルとか、DownloadFile.exe の exe の部分です。特に IT では、拡張子のことを言うことが多いです。

 

 

 

「fifo」を選択した場合は、以下のように「.fifo」のサフィックスを付ける必要があります。

キュー名:Test_Queue_001.fifo

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

以下のように設定したらさらに細かく設定するために「キューの設定」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

「キューの設定」ボタンをクリックすると下図のように詳細な設定画面が表示されます。

下図はデフォルトの値で、必要なら各項目に値を入力します。

 

■キューの属性

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

■デッドレターキュー設定

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

■サーバー側の暗号化 (SSE) の設定

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

設定が完了したら「キューの作成」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 

 

下図のようにキューが作成されたことを確認します。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

SQS 用ポリシーの作成

以下の「AmazonSQSFullAccess」を参考例として、先ほど作成したTest_Queue_001.fifo専用のポリシーを作成します。

新規ユーザーを作成して「AmazonSQSFullAccess」をそのまま割り当ててもいいですが、後程他のキューを作成した際にセキュリティ上問題が発生するため、Test_Queue_001.fifo専用のポリシーを作成することとします。

 

 

【参考例】

■AmazonSQSFullAccess


    "Version": "2012-10-17", 
    "Statement": [ 
        { 
            "Action": [ 
                "sqs:*" 
            ], 
            "Effect": "Allow", 
            "Resource": "*" 
        } 
    ] 
}

 

 

 

【新規作成のポリシー】

■AmazonSQSTestQueue001FullAccess


    "Version": "2012-10-17", 
    "Statement": [ 
        { 
            "Action": [ 
                "sqs:*" 
            ], 
            "Effect": "Allow", 
            "Resource": "arn:aws:sqs:ap-northeast-1:2xxxxxxxxxxx3:Test_Queue_001.fifo" 
        } 
    ] 
}

 

 

 

AWS 管理コンソールより「サービス」「セキュリティ、ID、およびコンプライアンス」「IAM」をクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

 

左側ペインより「ポリシー」をクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

「ポリシーの作成」ボタンをクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

下図のように「ビジュアルエディタ」タグよりぽしりーを作成します。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

「ARN の追加」画面が表示されるので下図のように「Region」「Account」「Queue name」を入力します。

入力すると「SQS_queue の ARN の指定」の欄に自動的に入力されるので「追加」ボタンをクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

下図のように「ARN」が追加されるのを確認し「ポリシーの確認」ボタンをクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

「ポリシーの確認」画面が表示されるので、下図のように「名前」「説明」を入力し「ポリシーの作成」ボタンをクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

 

下図のようにポリシーが作成されたメッセージが表示されることを確認します。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

 

ユーザーを作成してポリシーをアタッチする

次に「ユーザー」を作成して、先ほど作成したポリシー「AmazonSQSTestQueue001FullAccess」をアタッチします。

 

 

IAM ダッシュボードの左側ペインより「ユーザー」をクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

 

 

「ユーザーを追加」ボタンをクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

「ユーザーを追加」画面で以下のように設定します。

ユーザー名 ← ユーザー名を設定します。

アクセスの種類 ← 「プログラムによるアクセス」を選択します。

設定したら「次のステップ:アクセス権限」ボタンをクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

 

「アクセス許可の設定」「既存のポリシーを直接アタッチ」をクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

 

下図のように「ポリシーのフィルタ」の検索欄でポリシーを検索し、検索結果より作成したポリシーにチェックを入れます。

設定したら「次のステップ:タグ」ボタンをクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

 

「タグの追加(オプション)」画面で必要ならタグを追加します。

設定したら「次のステップ:確認」ボタンをクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

 

「確認」画面で設定内容を確認し「ユーザーの作成」ボタンをクリックします。

 

 

 

下図のように「成功」のメッセージが表示されていることを確認します。

「.csv のダウンロード」ボタンをクリックして「アクセスキー ID」「シークレットアクセスキー」が記載されている csv ファイルをダウンロードして保存しておきます。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

AWS CLI のインストール

デフォルトでは aws コマンドはインストールされていないのでインストールします。

 

過去の記事です。

 

【AWS】「EC2 インスタンス」または「パソコン」に AWS CLI(aws コマンド)及び jq コマンドをインストールする手順【Windows&Linux】

 

RedHat の AMI のデフォルトでは、以下のようにコマンドが見つからないというエラーになります。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws --version
-bash: aws: コマンドが見つかりません
[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

pip コマンドもインストールされていません。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ pip
-bash: pip: コマンドが見つかりません
[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

以下のコマンドで pip コマンドをインストールするスクリプト(get-pip.py)をダウンロードします。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ curl "https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py" -o "get-pip.py" 
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current 
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed 
100 1659k  100 1659k    0     0  5388k      0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 5405k 
[test@ip-172-31-32-10 ~]$ ls 
get-pip.py
[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

get-pip.py スクリプトをダウンロードしたら「sudo python get-pip.py」コマンドを実行して pip をインストールします。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ sudo python get-pip.py 
DEPRECATION: Python 2.7 will reach the end of its life on January 1st, 2020. Please upgrade your Python as Python 2.7 won't be maintained after that date. A future version of pip will drop support for Python 2.7. 
Collecting pip 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/d8/f3/413bab4ff08e1fc4828dfc59996d721917df8e8583ea85385d51125dceff/pip-19.0.3-py2.py3-none-any.whl (1.4MB) 
    100% |????????????????????????????????| 1.4MB 18.5MB/s 
Collecting wheel 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/96/ba/a4702cbb6a3a485239fbe9525443446203f00771af9ac000fa3ef2788201/wheel-0.33.1-py2.py3-none-any.whl 
Installing collected packages: pip, wheel 
Successfully installed pip-19.0.3 wheel-0.33.1 
[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

 

pip コマンドをインストールしたら、「sudo pip install awscli」コマンドを実行して AWS CLI をインストールします。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ sudo pip install awscli 
DEPRECATION: Python 2.7 will reach the end of its life on January 1st, 2020. Please upgrade your Python as Python 2.7 won't be maintained after that date. A future version of pip will drop support for Python 2.7. 
Collecting awscli 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/62/36/c62735452ff68152aa87986af1fa85874b1da42cfc56e016f72ce6581d03/awscli-1.16.144-py2.py3-none-any.whl (1.5MB) 
    100% |????????????????????????????????| 1.5MB 17.9MB/s 
Collecting colorama<=0.3.9,>=0.2.5 (from awscli) 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/db/c8/7dcf9dbcb22429512708fe3a547f8b6101c0d02137acbd892505aee57adf/colorama-0.3.9-py2.py3-none-any.whl 
Collecting rsa<=3.5.0,>=3.1.2 (from awscli) 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/e1/ae/baedc9cb175552e95f3395c43055a6a5e125ae4d48a1d7a924baca83e92e/rsa-3.4.2-py2.py3-none-any.whl (46kB) 
    100% |????????????????????????????????| 51kB 23.3MB/s 
Collecting botocore==1.12.134 (from awscli) 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/f6/ed/8da3a5885ea627833ad7e07f2076c4fcccb7c02513f33fa6e934fe71708a/botocore-1.12.134-py2.py3-none-any.whl (5.4MB) 
    100% |????????????????????????????????| 5.4MB 8.6MB/s 
Collecting docutils>=0.10 (from awscli) 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/50/09/c53398e0005b11f7ffb27b7aa720c617aba53be4fb4f4f3f06b9b5c60f28/docutils-0.14-py2-none-any.whl (543kB) 
    100% |????????????????????????????????| 552kB 32.6MB/s 
Collecting s3transfer<0.3.0,>=0.2.0 (from awscli) 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/d7/de/5737f602e22073ecbded7a0c590707085e154e32b68d86545dcc31004c02/s3transfer-0.2.0-py2.py3-none-any.whl (69kB) 
    100% |????????????????????????????????| 71kB 28.8MB/s 
Requirement already satisfied: PyYAML<=3.13,>=3.10 in /usr/lib64/python2.7/site-packages (from awscli) (3.10) 
Collecting pyasn1>=0.1.3 (from rsa<=3.5.0,>=3.1.2->awscli) 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/7b/7c/c9386b82a25115cccf1903441bba3cbadcfae7b678a20167347fa8ded34c/pyasn1-0.4.5-py2.py3-none-any.whl (73kB) 
    100% |????????????????????????????????| 81kB 29.8MB/s 
Collecting jmespath<1.0.0,>=0.7.1 (from botocore==1.12.134->awscli) 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/83/94/7179c3832a6d45b266ddb2aac329e101367fbdb11f425f13771d27f225bb/jmespath-0.9.4-py2.py3-none-any.whl 
Collecting python-dateutil<3.0.0,>=2.1; python_version >= "2.7" (from botocore==1.12.134->awscli) 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/41/17/c62faccbfbd163c7f57f3844689e3a78bae1f403648a6afb1d0866d87fbb/python_dateutil-2.8.0-py2.py3-none-any.whl (226kB) 
    100% |????????????????????????????????| 235kB 33.2MB/s 
Collecting urllib3<1.25,>=1.20; python_version == "2.7" (from botocore==1.12.134->awscli) 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/df/1c/59cca3abf96f991f2ec3131a4ffe72ae3d9ea1f5894abe8a9c5e3c77cfee/urllib3-1.24.2-py2.py3-none-any.whl (131kB) 
    100% |????????????????????????????????| 133kB 35.1MB/s 
Collecting futures<4.0.0,>=2.2.0; python_version == "2.6" or python_version == "2.7" (from s3transfer<0.3.0,>=0.2.0->awscli) 
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/2d/99/b2c4e9d5a30f6471e410a146232b4118e697fa3ffc06d6a65efde84debd0/futures-3.2.0-py2-none-any.whl 
Requirement already satisfied: six>=1.5 in /usr/lib/python2.7/site-packages (from python-dateutil<3.0.0,>=2.1; python_version >= "2.7"->botocore==1.12.134->awscli) (1.9.0) 
Installing collected packages: colorama, pyasn1, rsa, jmespath, docutils, python-dateutil, urllib3, botocore, futures, s3transfer, awscli 
  Found existing installation: python-dateutil 1.5 
    Uninstalling python-dateutil-1.5: 
      Successfully uninstalled python-dateutil-1.5 
  Found existing installation: urllib3 1.10.2 
    Uninstalling urllib3-1.10.2: 
      Successfully uninstalled urllib3-1.10.2 
Successfully installed awscli-1.16.144 botocore-1.12.134 colorama-0.3.9 docutils-0.14 futures-3.2.0 jmespath-0.9.4 pyasn1-0.4.5 python-dateutil-2.8.0 rsa-3.4.2 s3transfer-0.2.0 urllib3-1.24.2 
[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

 

「aws --version」コマンドを実行して AWS CLI コマンドが正常にインストールされたことを確認します。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws --version
aws-cli/1.16.144 Python/2.7.5 Linux/3.10.0-957.10.1.el7.x86_64 botocore/1.12.134
[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

 

 

変数の設定

AWS CLI をインストールしたら、変数の設定をします。

EC2 インスタンスから sqs コマンドを実行するために、以下の 4 つの項目を設定します。

 

初めに「aws configure list」コマンドを実行して、設定が入っているかどうか確認します。

何も設定されていない場合は、以下のように「None」が表示されます。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws configure list 
      Name                    Value             Type    Location 
      ----                    -----             ----    -------- 
   profile                <not set>             None    None 
access_key                <not set>             None    None 
secret_key                <not set>             None    None 
    region                <not set>             None    None 
[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

「aws configure」コマンドを実行して設定を登録します。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws configure 
AWS Access Key ID [None]: Axxxxxxxxxxxxxxxxxx 
AWS Secret Access Key [None]: txxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx 
Default region name [None]: ap-northeast-1 
Default output format [None]: json 
[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

以下のようなコマンドでも確認できます。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs get-queue-url --queue-name Test_Queue_001.fifo --output text
https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo
[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

 

 

 

SQS コマンドの実行確認

aws sqs コマンドを実行して「ユーザー」「ポリシー」の設定が正しくされていることを確認します。

AWS 管理コンソール上で設定したキューが以下のように表示されれば正しく設定されています。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs list-queues 

    "QueueUrls": [ 
        "https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo" 
    ] 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

■キューの属性を取得するコマンド

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs get-queue-attributes --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo \ 
> --attribute-names \ 
> ApproximateNumberOfMessagesNotVisible \ 
> VisibilityTimeout \ 
> MaximumMessageSize \ 
> CreatedTimestamp \ 
> ApproximateNumberOfMessages \ 
> ReceiveMessageWaitTimeSeconds \ 
> DelaySeconds \ 
> MessageRetentionPeriod \ 
> ApproximateNumberOfMessagesDelayed \ 
> QueueArn 

    "Attributes": { 
        "ApproximateNumberOfMessagesNotVisible": "0", 
        "MessageRetentionPeriod": "345600", 
        "ApproximateNumberOfMessagesDelayed": "0", 
        "MaximumMessageSize": "262144", 
        "CreatedTimestamp": "1555718161", 
        "ApproximateNumberOfMessages": "0", 
        "ReceiveMessageWaitTimeSeconds": "0", 
        "DelaySeconds": "0", 
        "VisibilityTimeout": "30", 
        "QueueArn": "arn:aws:sqs:ap-northeast-1:xxxxxxxxxxxxx:Test_Queue_001.fifo" 
    } 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

sqs コマンド 

sqs コマンドを利用して SQS を AWS CLI から操作できます。

sqs コマンドは、以下の 4 つのコマンドグループで構成されています。

queue 関連 コマンド

queue-attributes 関連 コマンド

permission 関連 コマンド

message 関連 コマンド

 

 

メッセージの送信手順

FIFOの 場合は、MessageGroupId が必要です。

以下のように「aws sqs send-message」コマンドを実行します。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs send-message --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo --message-group-id '12345' --message-body 'test' 

    "MD5OfMessageBody": "098f6bcd4621d373cade4e832627b4f6", 
    "SequenceNumber": "18845037851886575616", 
    "MessageId": "a6993a74-ba00-405a-83f7-8581aa5a23c3" 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

メッセージ数の確認手順

現在のメッセージ数を確認します。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs get-queue-attributes --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo --attribute-names 
 ApproximateNumberOfMessages 

    "Attributes": { 
        "ApproximateNumberOfMessages": "2" 
    } 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

メッセージの受信手順

SQS のキューにあるメッセージを受信します。

メッセージの受信は「aws sqs receive-message」コマンドを使用します。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs receive-message --queue-url https://ap-northea 
st-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo --attribute-names Appr 
oximateNumberOfMessages 

    "Messages": [ 
        { 
            "Body": "test", 
            "ReceiptHandle": "AQEBnTM2BEQQR9EkrCs+Q4g92ynVHl7ngToaJK+wJ8/ICEW7oRk+qTyJiTw2vP0wDiMU83Qq8/ENa9HlQiucXZg3vzMWBO77tOW2ZdTD+igGcO8pC/r5+nXjm3+66OD5WGWvAci0++QYJKxovMMGnEICd+KI2r7QsTBG1lGkOZVuJXIep1tYuYBymKR5ydftiN1VPOMP8+qcKgEeOh3nahbqAfi51D733sITEYUV2i1pga/wXVLy/PoDlCoyr7Ylht6bslzQQVYAkpqlblxL52/hJcPQAtZDG29J9SpnYjag9ig=", 
            "MD5OfBody": "098f6bcd4621d373cade4e832627b4f6", 
            "MessageId": "aab994ca-bd30-4eed-afd7-fa1d45629584" 
        } 
    ] 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

キューにあるメッセージ数の確認手順

最初にキューのメッセージ数を確認した時は「2」でした。

先ほどキューからメッセージを受信したので、現在のキューのメッセージ数を確認すると「1」になっていることが分かります。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs get-queue-attributes --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo --attribute-names ApproximateNumberOfMessages 

    "Attributes": { 
        "ApproximateNumberOfMessages": "1" 
    } 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

しかし、しばらくするとキューのメッセージ数は「2」戻ります。

これはメッセージを受信すると、SQS の仕様で一旦「VisibilityTimeout」の時間だけキューから見えなくなります。(消えたわけではありません)

しかし「VisibilityTimeout」の時間を経過するとエンキュー(キューの中に入ること)されます。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs get-queue-attributes --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo --attribute-names ApproximateNumberOfMessages 

    "Attributes": { 
        "ApproximateNumberOfMessages": "2" 
    } 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

「aws sqs get-queue-attributes」コマンドで「VisivilityTimeout」の時間を確認します。

以下、コマンド結果より「VisibilityTimeout」「30秒」であることが分かります。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs get-queue-attributes --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo \ 
> --attribute-names VisibilityTimeout 

    "Attributes": { 
        "VisibilityTimeout": "30" 
    } 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

キューに残っているメッセージの削除手順

「VisibilityTimeout」が経過すると、受信したメッセージは再度エンキューします。

しかし、このままではいつまでたってもキューに残り続けるので、キューに残っているメッセージを削除する必要があります。

 

まずは属性情報すべてを確認します。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs get-queue-attributes --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo --attribute-names All 

    "Attributes": { 
        "ApproximateNumberOfMessagesNotVisible": "0", 
        "ContentBasedDeduplication": "true", 
        "MessageRetentionPeriod": "345600", 
        "ApproximateNumberOfMessagesDelayed": "0", 
        "MaximumMessageSize": "262144", 
        "CreatedTimestamp": "1555718161", 
        "ApproximateNumberOfMessages": "2", 
        "ReceiveMessageWaitTimeSeconds": "0", 
        "DelaySeconds": "0", 
        "FifoQueue": "true", 
        "VisibilityTimeout": "30", 
        "LastModifiedTimestamp": "1555775866", 
        "QueueArn": "arn:aws:sqs:ap-northeast-1:xxxxxxxxxxxxx:Test_Queue_001.fifo" 
    } 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

まず初めにメッセージを受信します。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs receive-message --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo  

    "Messages": [ 
        { 
            "Body": "test", 
            "ReceiptHandle": "AQEB/5n8uHP7DxHG1yWhSVIQXm2Oul97JyG7ZBqGzTTfR9viJps5HBttUoqJbwSu3HpioHj8xy/XLUGBdBjC4sfv+Ia2UoaNi15NYlRHlDn41JwaRqjLyTu0qimFlb6GVXowaLlfXGyY6t/VpSWtoR/G6bOOAeLY+U1nnHwwd2ci6x9dAWa8tLN7GqnwsuE9xpdemAp2KXZQ1QOUrx01aYod7AIMx9lljuNYq1zkGOAukxPV7JUZvRXd3Hb5FkCFHdL8IDjvXTiq1gkwktgA1j8bp+Wf9bIvfATsAubivtMhKRQ=", 
            "MD5OfBody": "098f6bcd4621d373cade4e832627b4f6", 
            "MessageId": "aab994ca-bd30-4eed-afd7-fa1d45629584" 
        } 
    ] 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

「aws sqs delete-message」コマンドでメッセージを削除します。

コマンドが成功した場合は、返り値はありません。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs delete-message --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo --receipt-handle "AQEB/5n8uHP7DxHG1yWhSVIQXm2Oul97JyG7ZBqGzTTfR9viJps5HBttUoqJbwSu3HpioHj8xy/XLUGBdBjC4sfv+Ia2UoaNi15NYlRHlDn41JwaRqjLyTu0qimFlb6GVXowaLlfXGyY6t/VpSWtoR/G6bOOAeLY+U1nnHwwd2ci6x9dAWa8tLN7GqnwsuE9xpdemAp2KXZQ1QOUrx01aYod7AIMx9lljuNYq1zkGOAukxPV7JUZvRXd3Hb5FkCFHdL8IDjvXTiq1gkwktgA1j8bp+Wf9bIvfATsAubivtMhKRQ=" 
[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

現在のキューに残っているメッセージを確認します。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs get-queue-attributes --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo --attribute-names All 

    "Attributes": { 
        "ApproximateNumberOfMessagesNotVisible": "0", 
        "ContentBasedDeduplication": "true", 
        "MessageRetentionPeriod": "345600", 
        "ApproximateNumberOfMessagesDelayed": "0", 
        "MaximumMessageSize": "262144", 
        "CreatedTimestamp": "1555718161", 
        "ApproximateNumberOfMessages": "1", 
        "ReceiveMessageWaitTimeSeconds": "0", 
        "DelaySeconds": "0", 
        "FifoQueue": "true", 
        "VisibilityTimeout": "30", 
        "LastModifiedTimestamp": "1555775866", 
        "QueueArn": "arn:aws:sqs:ap-northeast-1:xxxxxxxxxxxxx:Test_Queue_001.fifo" 
    } 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs receive-message --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo 

    "Messages": [ 
        { 
            "Body": "test", 
            "ReceiptHandle": "AQEBsoCZ7SKnp4hHUZZ3tZWCV446H4BqvnWvdTf3myjuLfgYom//MNwjdJnxOOj4h/uyvyMvmKRdRnT073cGAE2LVAFiBX4BChEl3SKcNyp2X3MFGHOxXF/0uWxC/Ixgj1g1vARaTGpeOUapuom+E9jGGPP95zr1AXjDCwcq01rKt+/qFlar6w69Y06OMEhcvCd63LcN5YOQVcTjOgGgBg1FKnJEt+/hoRUbyOQtIWChdJKrceXVIiOQsOlkuZ5ydHqkB1RtWB4ytOnVvihSvgvwnfgpc+rIr9Dq9qxU44RrO0I=", 
            "MD5OfBody": "098f6bcd4621d373cade4e832627b4f6", 
            "MessageId": "a6993a74-ba00-405a-83f7-8581aa5a23c3" 
        } 
    ] 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

 

トラブルシューティング

設定や動作検証をしている際に経験したトラブルシューティングを解説します。

 

The queue should either have ContentBasedDeduplication enabled or MessageDeduplicationId provided explicitly 

コマンドを実行した際に、以下のようにエラーが表示される場合です。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs send-message --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo --message-group-id '12345' --message-body 'test' 
 
An error occurred (InvalidParameterValue) when calling the SendMessage operation: The queue should either have ContentBasedDeduplication enabled or MessageDeduplicationId provided explicitly 
[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

An error occurred (InvalidParameterValue) when calling the SendMessage operation: The queue should either have ContentBasedDeduplication enabled or MessageDeduplicationId provided explicitly

 

↓ 日本語に訳すと以下のようになります。

 

SendMessageオペレーションを呼び出すときにエラーが発生しました(InvalidParameterValue):キューでContentBasedDeduplicationが有効になっているかMessageDeduplicationIdが明示的に指定されている

 

■対応方法

対象のキューを選択して「キュー操作」「キューの設定」をクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

「コンテンツに基づく重複排除」にチェックを入れて「設定の保存」ボタンをクリックします。

【AWS】SQS(Simple Queue Service)設定及び使用手順

 

 

 

 

 

エラーが出力されることなくコマンドが実行されることを確認します。

[test@ip-172-31-32-10 ~]$ aws sqs send-message --queue-url https://ap-northeast-1.queue.amazonaws.com/xxxxxxxxxxxxxxx/Test_Queue_001.fifo --message-group-id '12345' --message-body 'test' 

    "MD5OfMessageBody": "098f6bcd4621d373cade4e832627b4f6", 
    "SequenceNumber": "18845022694869743616", 
    "MessageId": "aab994ca-bd30-4eed-afd7-fa1d45629584" 

[test@ip-172-31-32-10 ~]$

 

 

 

 

参考図書

Amazon SQS の解説が少ない中、この本は Amazon SQS の解説及び具体的な仕様手順を丁寧に解説しているので、大変役に立ちました。

Amazon SQS入門: AWS CLI入門シリーズ コマンドラインハンズオンで学習するAWS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください