AWS Site-to-Site VPN(サイト間VPN)

公開日時:2021年01月02日 / 最終更新日時:2021年08月17日

■AWS Site-to-Site VPN の特徴

 

AWS Site-to-Site VPN(サイト間VPN)をAWSとオンプレミス間に構成するためには、オンプレミス側のネットワークにおけるカスタマーゲートウェイを設定することが必要です。

カスタマーゲートウェイデバイスは、ユーザー側でオンプレミスネットワークで所有または管理している物理アプライアンスまたはソフトウェアアプライアンスです。

これをAWS側の仮想プライベートゲートウェイに接続することで、サイト間VPNが接続できるようになります。

VPN接続を作成するにはユーザー側にカスタマゲートウェイを設定し、AWS側ではカスタマーゲートウェイリソースを作成する必要があります。

これによりカスタマーゲートウェイデバイスに関する情報をAWSに提供します。

次に、カスタマーゲートウェイの外部インターフェースのインターネットでルーティング可能なIPアドレス(静的)を設定する必要があります。

 

 

■単一の Site-to-Site VPN 接続

 

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Secured By miniOrange