【CentOS7】 firewalld の設定方法

CentOS7になり新しく「firewalld」というファイアウォールサービスが追加されました。

CentOS6までは「iptables」がサーバー個別のファイアウォールを担っていましたが、今後はfirewalldが主流となりそうです。

レンタルサーバーを借りてサイトを運用するだけなら、firewalldサービスに関する知識は不要ですが、私は「レンタルサーバー」と「VPS」と「AWS」を利用しているので、どのようにfirewalldを使いこなすかの知識が必要です。

※単純にfirewalldを停止すればアクセスに関する心配はなくなりますが、その反面、世界中からアタックされる裸の状態になりますので、お勧めしません。

実際、クラッカーなどの攻撃者たちは我々が想像もつかない方法で攻撃を仕掛けてきます。

個人では到底かなわないと言ってもいいでしょう。

だからこそ、最低限のアクセスだけを許可しておきましょう。

それで攻撃者もちょっとチェックしては諦めて他のセキュリティの弱いサーバーに移っていきます。

 

Posted by 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Medica  –  What Do You See?
     
 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください